ニュース
» 2018年03月29日 07時00分 公開

ニューヨークモーターショー2018:新型「RAV4」はパワートレインやプラットフォーム、4WDシステムがTNGAに

トヨタ自動車は「ニューヨーク国際自動車ショー2018」において、「RAV4」の新モデルを世界初公開する。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2018年3月28日、「ニューヨーク国際自動車ショー2018」(一般公開日:2018年3月30日〜4月8日)において、「RAV4」の新モデルを世界初公開すると発表した。北米ではガソリンエンジン搭載モデルを2018年末に、ハイブリッドモデルは2019年初めに発売する。日本でも2019年春から販売する計画だ。

RAV4の新モデル(左)と現行モデル(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
新型RAV4の外観(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 パワートレインには、トヨタ自動車のクルマづくりの構造改革「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の一環で開発した、排気量2.5l(リットル)の直列4気筒直噴エンジン、8速AT、ハイブリッドシステム(THSII)を設定。一部グレードには同じくTNGAで新開発した4WD(4輪駆動)システムを搭載する。

 TNGAプラットフォームの採用により、ボディーのワイドスタンス化とタイヤの大径化を図るとともに、最低地上高を現行モデルよりも高くしてSUVらしい力強いスタイリングを実現した。ホイールベースは現行モデルから30mm延長して2690mmとした。全長は現行モデル比5mmマイナスの4595mm、全幅は同10mmプラスの1855mm、全高は同5mmマイナスの1700mmとなる。

新開発の4WDシステムを採用し、操縦安定性やトラクション性能を向上させる(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 ガソリンエンジン車の上級グレードに搭載する新開発の4WDシステムは、前後輪および後輪の左右の駆動力を最適に制御するトルクベクタリング機構を採用。コーナリングや悪路で操縦安定性とトラクション性能を発揮する。2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動系の回転を停止させて燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載している。ハイブリッド車には新開発の4WDシステム「E-Four」を採用する。後輪のトルクを従来比1.3倍に向上し、走行状態に応じて適切に前後輪のトルクを配分する。

 安全装備では、夜間の歩行者や自転車の検知に対応した第2世代の運転支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備とした。米国で展開するマルチメディアシステム「Entune 3.0 Audio」も標準搭載となる。同システムを通じて、Apple(アップル)「CarPlay」やAmazon(アマゾン)の音声サービス「Alexa」、Wi-Fiなどが利用できる。

 RAV4は1994年に発売して以降、2017年末までに米国で累計318万台、グローバルで812万台を販売。2017年の販売は米国で過去最多の41万台、グローバルで80万台が売れた。

新型RAV4のインテリア(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.