ニュース
» 2018年03月30日 06時00分 公開

ニューヨークモーターショー2018:大きくなった新型「フォレスター」、ドライバーモニタリングで居眠り検知が可能に

SUBARU(スバル)は「ニューヨーク国際自動車ショー2018」において、「フォレスター」の5代目となる新モデルを世界初公開した。

[齊藤由希,MONOist]
新型「フォレスター」を世界初公開した(クリックして拡大) 出典:スバル

 SUBARU(スバル)は「ニューヨーク国際自動車ショー2018」(一般公開日:2018年3月30日〜4月8日)において、「フォレスター」の5代目となる新モデルを世界初公開した。米国仕様は2018年秋に発売予定で、各国にも順次導入する。車両寸法は先代モデルよりも大きくなり、ホイールベースを延長した他、スバル初となるドライバーモニタリングシステムを採用する。

 新型フォレスターはプラットフォームに「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、スムーズさや気持ち良さなど走りの質感を大幅に向上し、クラストップレベルの乗員保護性能を実現したとしている。

新型フォレスターの外観デザイン(クリックして拡大) 出典:スバル

 車両寸法は全長4625×全幅1815×全高1730mmで、先代モデル比で全長は30mm、全幅は20mm、全高が35mm大きくなっている。ホイールベースは先代モデルから30mm延長して2670mmとし、室内空間の快適性を向上した。乗員同士の距離やレッグスペースを拡大した他、リアドアの開度や開高エリア、Cピラーの形状を最適化することで、後部座席への乗降性を改善したという。最小回転半径は5.4mとし、取り回しの良さも確保した。

 利便性を向上する装備として、ドライバーモニタリングシステムを採用する。ドライバーの居眠りやわき見の検知に加えて、ドライバーごとにシートポジションやドアミラーの角度、空調など自動で調整することも可能だ。運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」は全車標準装備となる。

アイサイトは全車標準装備(左)。ドライバーモニタリングシステムで居眠りやわき見の検知の他、個人に合わせてシートなどの自動調整もできる(右)(クリックして拡大) 出典:スバル

 パワートレインは新開発した排気量2.5l(リットル)の水平対向直噴エンジンと7速マニュアルモード付きCVTを組み合わせる。エンジンは、従来の同排気量のエンジンから90%の部品を刷新して直噴化した。4WD(4輪駆動)システム「シンメトリカルAWD」を採用するとともに、滑りやすい路面でパワートレインとブレーキをコントロールする機能「X-MODE」の制御を最適化して悪路走破性を高めた。

新型フォレスターの車室内(左、中央)。排気量2.5lのエンジンは新開発(右)(クリックして拡大) 出典:スバル
新型フォレスターの灯火類のデザイン(クリックして拡大) 出典:スバル

関連キーワード

SUBARU | EyeSight | 睡眠 | 自動車 | デザイン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.