ニュース
» 2018年03月30日 09時00分 公開

製造IT導入事例:BMWグループがPLMプラットフォームを導入――テストデータ管理で

米Arasは、BMWグループがテストデータ管理の基幹システムとしてArasのPLMプラットフォームを導入中であると発表した。柔軟性が高く、車両テスト関連の特定要件を満たす同プラットフォームは、車両開発におけるさまざまな段階をサポートする。

[MONOist]

 米Arasは2018年2月21日(現地時間)、独BMWグループが、テストデータ管理の基幹システムとしてArasのPLMプラットフォームを導入中であることを発表した。

 ArasのPLMプラットフォームは、柔軟性が高く、車両テストに関連する特定要件を満たすなど、BMWグループにとって重要な要素を有していた。同プラットフォームは、企画や計画、車両テストおよびテスト結果の文書化など、車両開発におけるさまざまな段階をサポートする。

 導入により、BMWグループでは、量産車を開発する際に重要となる成果物のトレーサビリティーが可能になる。また、多数に及ぶ既存のITシステムが連携し、データ交換可能になることから、BMWグループのエンジニアリング部門に属する5500人以上の従業員がArasのプラットフォームを使用する予定だ。

 同プラットフォームは、まず、統合された安全性テスト管理を含むプロセスをサポートする。続いて、ドライブトレイン(動力伝達機構)の開発、事故被害を軽減するパッシブセーフティに関して支援する。

関連キーワード

BMW | PLM | 基幹システム | 製造IT導入事例 | IT導入


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.