「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2018年04月05日 06時00分 公開

モビリティサービス:トヨタとパーク24が新サービスの開発を視野に業務提携、通信型ドラレコでデータ収集

トヨタ自動車は、パーク24とカーシェアリングサービスで業務提携を開始した。通信型ドライブレコーダー「トランスログ」やカーシェアリング機器を搭載した「C-HR」を用いて、2018年6月〜2019年3月末にサービスの試験運用を行う。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車は2018年4月3日、パーク24とカーシェアリングサービスで業務提携を開始したと発表した。新しいサービスの開発を視野に、通信型ドライブレコーダー「トランスログ」やカーシェアリング機器を搭載した「C-HR」を用いて、2018年6月〜2019年3月末にサービスの試験運用を行う。対象地域は東京都内。2018年4月に発足するトヨタ自動車子会社のトヨタモビリティサービスも連携する。

 得られたデータは、トヨタ自動車のモビリティサービスの基盤「モビリティサービス・プラットフォーム」の構築や機能の拡充につなげる狙いがある。トランスログなど車載器からさまざまな情報を取得、活用してカーシェアリングサービスのオペレーション効率向上や、安全性の変化について検証する。蓄積した情報はビッグデータとして管理するとともに、人工知能(AI)技術を活用して情報分析の高精度化、高効率化に取り組む。

 パーク24はカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を展開しており、車両数は2万台以上、会員数は90万人に上る。トヨタ自動車とパーク24は、2015年4月からパーソナルモビリティを活用したシェアリングサービスの実証実験の実施などでも協力してきた。今回の取り組みは、両社のノウハウを生かしながら、将来のモビリティサービス、車載情報機器やシステムの開発に向けた検証となる。車両の安全性向上や、車両のメンテナンスの効率化と無人化を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.