ニュース
» 2018年04月06日 07時00分 公開

工場ニュース:ハイブリッド式の大型射出成形機を生産する新工場、海外3拠点目

日精樹脂工業の、海外3拠点目となるテキサス工場が2018年2月26日に完成した。新工場では、米国市場で高需要が続くハイブリッド式の大型射出成形機を生産する。

[MONOist]

 日精樹脂工業は2018年3月14日、米国の生産拠点となるテキサス工場が2月26日に完成したと発表した。

 新工場の敷地面積は3万6500m2、建屋面積は1万680m2で、同年3月より稼働を開始する。

 テキサス工場の敷地内には、組み立てエリア、倉庫エリア、展示室、テクニカルセンター、事務所スペースなどを置く。同工場では、米国市場で高需要が続くハイブリッド式の大型射出成形機を生産。当面は型締力560〜1300tまでの機種を製造する。

 テキサス工場は、中国(2009年設立)、タイ(2012年設立)に続く、同社の3つ目の海外生産拠点となる。日本を含めた世界4拠点による生産体制の確立により、より市場に近い生産基地で、各市場ニーズに合った最適機種を生産・供給し、世界市場での部材調達、サプライチェーンの構築を進めていく。

photo 米国テキサス工場の外観 出典:日精樹脂工業
photo 工場内部(組み立てエリア) 出典:日精樹脂工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.