ニュース
» 2018年04月10日 09時00分 公開

製造ITニュース:0.1mm以上のひび割れを自動検出するインフラ向け画像診断サービス

富士フイルムは、AI(人工知能)を活用して橋梁やトンネルなどに生じた幅0.1mm以上のひび割れを自動検出する社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の提供を開始した。

[MONOist]

 富士フイルムは2018年4月3日、AI(人工知能)を活用して橋梁やトンネルなどに生じた幅0.1mm以上のひび割れを自動検出する社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」の提供を開始した。同サービスを導入することで、ひび割れ点検業務の作業時間を半減できるという。

 ひびみっけは、サーバにアップロードされた橋梁などの撮影画像から、AIを活用した画像解析でひび割れを自動検出するクラウドサービス。アップロードされた画像の合成や、ひび割れ検出結果のCADデータ作成も自動で行える。

 また、事前に格間の大きさなどの基準となる情報を入力すると、ひび1本ごとの長さや幅も試算する。なお、撮影に使用するデジタルカメラの機種は問わない。

 月々の利用量に応じた従量課金制。画像1枚当たり400円(税別)だが、単価は利用枚数に応じて変動する。画像をサーバにアップロードするソフトウェアは無料で提供される。

photo 社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」 出典:富士フイルム
photo 撮影した画像をアップロード 出典:富士フイルム
photo 画像の合成、ひび割れ検出 出典:富士フイルム
photo CADデータを作成 出典:富士フイルム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.