特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年04月12日 08時00分 公開

人工知能ニュース:医療分野のAIは自動診断だけじゃない、シーメンスヘルスケアが製品に順次搭載 (1/2)

シーメンスヘルスケアが東京都内で会見を開き国内の事業戦略を発表。「医療デジタル化の推進」で重要な役割を果たすAIの採用について説明した。AIによる自動診断が注目を集めているが、既に解析を助ける機能として順次製品に搭載し始めているという。

[朴尚洙,MONOist]
シーメンスヘルスケアの森秀顕氏 シーメンスヘルスケアの森秀顕氏

 シーメンスヘルスケアは2018年4月5日、東京都内で会見を開き、国内の事業戦略を説明した。

 同社は世界全体の取り組みとして、患者と医療機関、両方の顧客価値を向上するための施策として「プレシジョン・メディシンの拡充」「医療サービス提供の変革」「患者満足度の向上」「医療デジタル化の推進」の4つを掲げている。

 特に最初の3つの施策を実現する上でも重視しているのが「医療デジタル化の推進」である。シーメンスヘルスケア 社長兼CEOの森秀顕氏は「どの業界でも語られているが、医療業界でもデジタル化に代表される破壊的イノベーションがこの先をリードすることになる。デジタル化を果たす上で重要なのがデジタルエコシステムとAI(人工知能)だ」と語る。

シーメンスヘルスケアが推進する4つの施策「医療デジタル化の推進」に関わる技術トレンドと医療トレンド シーメンスヘルスケアが推進する4つの施策(左)と「医療デジタル化の推進」に関わる技術トレンドと医療トレンド(右)(クリックで拡大) 出典:シーメンスヘルスケア

 デジタルエコシステムは、患者、病院やクリニック、自治体、サービスパートナー、シーメンスヘルスケアを含めた医療機器メーカーなど医療にかかわる全てのステークホルダーをつなぐものだ。ここで基盤となっているのがCTやMRIなどの医用画像データを中心に医療情報のビッグデータを扱うクラウドサービス「teamplay」である。国内では2016年から展開しているteamplayだが、続々と採用が広がっているという。また、パートナー企業も参入することで、シーメンスヘルスケアにとどまらないサービスの拡充も進んでいる。

デジタルエコシステムを構成する要素 デジタルエコシステムを構成する要素。「teamplay」は重要なプラットフォームだ(クリックで拡大) 出典:シーメンスヘルスケア
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.