ニュース
» 2018年04月13日 07時00分 公開

組み込み開発ニュース:インテルのFPGAはソフト開発者でも簡単に扱える、デルと富士通がサーバに採用 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

財務リスク分析とデータベースアクセラレーションのソリューション

 今回の発表では、PACカードに組み込み可能なソリューションとして、レビックス(Levyx)の財務リスク分析とスワーム64(Swarm64)のデータベースアクセラレーションの2つを紹介した。

 財務リスク分析の市場規模は、オプション取引や保険、法令順守などに対応するため拡大する見込み。2017年から年率15%で成長し、2022年には359億米ドルになるという。この財務リスク分析のプロセスでは、分析アルゴリズムが継続的に進化すること、分析アルゴリズムの実行プロセスが重いことが課題になる。「このアルゴリズムの処理をFPGAが担うことで、継続的な進化に対応しつつ、より効率的な分析も可能になる」(山崎氏)。

財務リスク分析の市場規模FPGAアクセラレーションによるオプション計算の強化 財務リスク分析の市場規模(左)とFPGAアクセラレーションによるオプション計算の強化(右)(クリックで拡大) 出典:日本アルテラ

 実際に、レビックスのソリューションを用いたところ、シンボル(銘柄)当たりの分析アルゴリズムによる処理速度が8.5倍に、オプション取引全体のシミュレーション時間も2倍以上に高速化できたという。

「PACカード」と財務リスク分析ソリューションで得られた効果 「PACカード」と財務リスク分析ソリューションで得られた効果(クリックで拡大) 出典:日本アルテラ

 一方のデータベースアクセラレーションの市場規模は、2017年から年率23%で成長し、2022年には385億米ドルになるという。このデータベースアクセラレーションでは、ビッグデータの中から必要なデータを抽出してデータウェアハウスに送るETL(Extract/Transform/Load)と、データウェアハウスに蓄積したデータを用いてビジネス分析を行うプロセスに負荷が掛かっている。山崎氏は「この2カ所でFPGAを活用することでリアルタイム分析を行える」と説明する。

データベースアクセラレーションの市場規模FPGAアクセラレーションによるデータベース性能の強化 データベースアクセラレーションの市場規模(左)とFPGAアクセラレーションによるデータベース性能の強化(右)(クリックで拡大) 出典:日本アルテラ

 スワーム64による実証実験では、データ分析が従来比で20倍以上、データウェアハウスの処理で同1.5倍以上、ストレージ圧縮で同3倍以上を実現できるとしている。

「PACカード」とデータベースアクセラレーションソリューションで得られた効果 「PACカード」とデータベースアクセラレーションソリューションで得られた効果(クリックで拡大) 出典:日本アルテラ

 山崎氏は「世界全体で、データセンター、サーバ、クラウド向けのFPGAの需要は高まっている。国内市場では、オンプレミスでのデータベース利用が多いこともあり、PACカードとデータベースアクセラレーションの需要に期待している」と述べている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.