ニュース
» 2018年04月13日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:保守ビジネスソリューションの販売に関して、パートナー契約を締結

シンクロン・ジャパンと三井物産エレクトロニクスは、販売パートナー契約を締結した。シンクロンのアフターサービスを最適化する「アフターマーケットソリューション」をMBELが取り扱うことになる。

[MONOist]

 シンクロン・ジャパンと三井物産エレクトロニクス(MBEL)は2018年3月27日、アフターサービスを最適化する、シンクロンの「アフターマーケットソリューション」をMBELが取り扱う販売パートナー契約を締結したと発表した。

 シンクロンのアフターマーケット(保守ビジネス)ソリューションは、保守部品における在庫や価格設定の最適化、受発注プロセスの管理効率化、故障する前の能動的な部品交換を目的としたソリューション群で構成されている。

 今回の販売パートナー契約により、両社はMBELの顧客企業、関連企業を中心に同ソリューションのマーケティング活動を開始し、製造業の顧客に収益強化をもたらす保守ビジネスのソリューションを提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.