ニュース
» 2018年04月16日 07時00分 公開

工場ニュース:メキシコのクラッチアセンブリー新工場でメキシコと米国の需要に対応

日本精工の持分法適用会社であるNSKワーナーが、クラッチアセンブリーを生産するメキシコ新工場の開所式を開催した。メキシコでの現地生産体制によってコスト競争力を追求し、メキシコと米国の需要に対応する。

[MONOist]

 日本精工は2018年3月29日、同社の持分法適用会社であるNSKワーナーが、メキシコ新工場の開所式を同月14日に開催したと発表した。

 新工場は、メキシコのグアナファト州シラオ市に建設された。投資額は約20億円。敷地面積は約5万m2、建築面積は約1万m2になる。

 NSKワーナーは、日本、中国、インドネシアにクラッチアセンブリー(自動車用自動変速機向け製品)の生産工場を展開し、米国に販売子会社を持つ。メキシコの新工場は2017年10月に操業を開始しており、同工場でもクラッチアセンブリーを生産する。この現地生産体制によってコスト競争力を追求し、メキシコと米国の需要に対応する。

photo メキシコ新工場の外観(クリックで拡大) 出典:日本精工
photo クラッチアセンブリー 出典:日本精工

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.