ニュース
» 2018年04月19日 12時00分 公開

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:JOLEDは「俺たちの戦いはこれからだ!」じゃない

「Never End!」とか「未完」とかでもないです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2018年4月19日発行の「モノづくり総合版 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


JOLEDは「俺たちの戦いはこれからだ!」じゃない

 MONOist製造マネジメントフォーラムの人気連載「小寺信良が見た革新製品の舞台裏」で今週公開した「国産有機ELの夢をのせて、これから始まるJOLEDの旅路」が、MONOist全体のランキングでトップになっています。

 以前の編集後記でも書いたのですが、現在の有機ELディスプレイパネルのサプライヤーといえば、スマートフォンなど中小型向けはサムスン(Samsung Display)、テレビなどの大型向けはLG(LG Display)と韓国勢が中心です。これら両社を中国メーカーが猛追しようとしていますが、日本のディスプレイパネルメーカーに存在感はありません。

 そんなパンドラの箱ともいえる状態になった国産有機ELですが、まさに唯一残った希望こそが印刷式の有機ELディスプレイパネルを手掛けるJOLEDです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.