TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年04月19日 10時00分 公開

テクノフロンティア2018:サーボモーターのモニタ機能で予知保全、オリエンタルモーターが展示

オリエンタルモーターは、「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)」において、予知保全が可能なIoT(モノのインターネット)対応のサーボモーター「αSTEP AZシリーズ」を展示した。

[朴尚洙,MONOist]

 オリエンタルモーターは、「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)」(2018年4月18〜20日、幕張メッセ)において、予知保全が可能なIoT(モノのインターネット)対応のサーボモーター「αSTEP AZシリーズ」を展示した。

オリエンタルモーターのIoT対応サーボモーターの展示 オリエンタルモーターのIoT対応サーボモーターの展示(クリックで拡大)
制御用タッチパネルにリアルタイム表示されるモーターステータス 制御用タッチパネルにリアルタイム表示されるモーターステータス(クリックで拡大)

 αSTEP AZシリーズは、位置や温度、電圧、負荷、走行距離などのモーターステータスをリアルタイムにモニタリングできるサーボモーターだ。展示では、サーボモーターとボールねじから成るスライダを用いて、ドライバーからModbusで接続した制御用タッチパネルにさまざまなモーターステータスを表示した。また、制御用タッチパネルに表示したモーターステータスは、Wi-Fiを介してタブレット端末で確認できるようになっている。「負荷や累積の走行距離などに閾値を設定しておけば、それに合わせてメンテナンスを行うことにより、ダウンタイムを削減できる」(オリエンタルモーターの説明員)という。

 同社は、事前に設定した値に達すると信号を出力するワーニング出力機能を持つサーボモーターや、回転速度の低下を検知してアラームを出力するファンなどもそろえている。「αSTEP AZシリーズを使って設定すべき閾値を検討した上で、ワーニング出力機能を持つサーボモーターで実ラインに展開するという事例もある。モーターシステムにおけるIoT活用が広がるように提案活動を進めたい」(同説明員)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.