ニュース
» 2018年04月20日 13時00分 公開

VRニュース:スペースリーが1億円の資金調達、VR分野でのAIの実用化を目指す

スペースリーは、Draper Nexus Venture Partners、Archetype Ventures、DBJキャピタルを引受先とする、総額約1億円の第三者割当増資を実施した。また、Spacely Labを設立し、研究開発を推進する。

[MONOist]

 スペースリーは2018年4月10日、Draper Nexus Venture Partners、Archetype Ventures、DBJキャピタルを引受先とする、総額約1億円の第三者割当増資を実施したと発表した。また、「Spacely Lab(スペースリーラボ)」を設立し、蓄積したデータの活用や画像解析などに関わる研究開発を推進する。

 今回調達した資金により、開発体制の増強、認知度向上、営業、顧客サポート体制の強化を行い、蓄積した行動データや画像データなどを活用したサービスの開発を目指す。Spacely Labでは、VR分野でのAI(人工知能)の実用化を進める。

 同社は、2016年11月よりWebブラウザで再生できるパノラマVR(仮想現実)コンテンツを制作、編集、管理できるクラウドソフトを運営。不動産業界を中心に事業者ユーザー数を伸ばしてきた。また同時に、不動産物件管理の基幹ソフトウェアとの連携、ハウスメーカーや施工会社に多く利用される3D CADソフトウェアとの連携、東京都防災事業への採択など、新たな分野への拡大を進めている。

photo 写真左より、DBJキャピタルの河合氏、スペースフリーの葦名氏、同森田氏(代表)、同中嶋氏、DraperNexusの倉林氏(クリックで拡大) 出典:スペースリー
photo 開発環境の整備を進めている「Spacely Lab」(クリックで拡大) 出典:スペースリー
photo 家具が無い360度パノラマ画像を土台にしたホームステージングのサンプル(クリックで拡大) 出典:スペースリー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.