ニュース
» 2018年04月23日 08時00分 公開

自動運転技術:走行空間センサーが自動運転用ソフトウェア開発キットの対応製品に

パイオニアは、同社が開発を進める走行空間センサー「3D-LiDAR」が、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キット「NVIDIA DriveWorks」の対応製品になったと発表した。

[MONOist]

 パイオニアは2018年4月2日、同社が開発を進める走行空間センサー「3D-LiDAR」が、NVIDIAの自動運転用ソフトウェア開発キット「NVIDIA DriveWorks」の対応製品になったと発表した。

 3D-LiDARは、遠方の物体までの距離を高精度に測定したり、物体の大きさを検出したりできる。物体形状も把握可能で、自動運転システムに欠かせないパーツとなる。パイオニアでは、同センサーの2020年以降の量産化に向け、小型軽量ながら高性能、低コストを目指して開発を進めている。すでに2017年9月から、国内外の自動車メーカーやICT関連企業などに対してサンプルを供給している。

 ソフトウェア開発キットのNVIDIA DriveWorksは、自動運転用のレファレンスアプリケーションやツール、ライブラリモジュールを含む。これにより、エヌビディアのAI(人工知能)車載コンピューティングプラットフォームを活用して開発するメーカーやデベロッパーをサポートする。

 パイオニアとNVIDIAは、2017年12月に、NVIDIAの自動運転車開発プラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」に3D-LiDARを対応させるため、協業すると発表していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.