TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)特集
ニュース
» 2018年04月24日 08時00分 公開

テクノフロンティア2018:搬送システムを1台のコントローラーで構築、ソフトPLCとEtherCATとOPC-UAを活用

日立産機システムは、「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)」において、IoT対応産業用コントローラー「HXシリーズ」を用いた搬送システムのデモを披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 日立産機システムは、「TECHNO-FRONTIER 2018(テクノフロンティア2018)」(2018年4月18〜20日、幕張メッセ)において、IoT(モノのインターネット)対応産業用コントローラー「HXシリーズ」を用いた搬送システムのデモを披露した。

「HXシリーズ」を用いた搬送システムのデモ 「HXシリーズ」を用いた搬送システムのデモ(クリックで拡大)

 デモシステムは、HXシリーズと、協和製作所のDCモーターローラー「SENERGY」、EtherCAT対応2軸ドライバ「MOTION LINX」で構成。HXシリーズにIEC 61131-3準拠のソフトウェアPLCを組み込むとともに、MOTION LINXとはEtherCATで、クラウド側とはOPC-UAで接続している。また、HXシリーズのWebサーバ機能を用いて、Wi-Fiで接続したタブレット端末のWebブラウザによる搬送システムの状態の見える化も行っている。「HXシリーズには最大255台のMOTION LINXを接続できる」(日立産機システムの説明員)という。

デモシステムの構成 デモシステムの構成(クリックで拡大) 出典:日立産機システム

 なお日立産機システムは、HXシリーズの新ラインアップとしてハイブリッドモデルを追加している。「このハイブリッドモデル1台のCPUで、IEC 61131-3準拠のソフトウェアPLCとWindowsべースのアプリケーションの両方を動作させられる。HXシリーズと同じサイズなので、制御盤に組み込めることも特徴だ」(同説明員)。

 これらの他、採用が拡大しているEtherCATのパケットデータのロガーである「EC DATA Capture」もアピールしていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

公式SNS