ニュース
» 2018年04月25日 09時00分 公開

製造ITニュース:今後4年間でIoTへ50億ドルを投資――マイクロソフト

Microsoftは、今後4年間でIoT分野に50億ドルを投資すると発表した。IoTとインテリジェントエッジの可能性を拡大し、高度化する顧客要望の支援強化を図る。

[MONOist]

 Microsoftは2018年4月4日、今後4年間でIoT(モノのインターネット)分野に50億ドル(約5370億円)を投資すると発表した。IoTとインテリジェントエッジの可能性を拡大し、高度化する顧客要望の支援強化を図る。

 同社はコネクテッドテクノロジーにより、ビジネス、さらには世界全体を変革することを目標として掲げる。また、IoTという言葉が生まれる以前からこの分野に投資を行い、現在も関連技術の研究開発への投資に注力している。自社の立ち位置について、クラウド、OS、デバイスを包含するIoTプラットフォームにより、広範なビジネスや生活を向上させるIoTの取り組みを支援できる位置にいるとする。

 今回の投資拡大により、技術プラットフォームの継続的イノベーションと支援プログラムをサポート。IoTセキュリティ、開発ツール、IoTとエッジ向けのインテリジェントサービス、パートナーエコシステム拡大などの主要分野への研究開発投資を続けていく。

 既に、同社のプラットフォームを活用して大きな成果を上げた例があるという。例えばJohnson Controlsでは、ビルの室温を自動的に最適化するため、単純なサーモスタット機器をさまざまなモニタリングを行うスマートデバイスに取り換えた。

 Schneider Electricは、ナイジェリアでの太陽光エネルギーソリューションにおいてMicrosoftのIoTプラットフォームを活用し、リモート保守を行っている。Kohlerでは、インテリジェントなキッチンとバス向け用品の新ラインを開発。Alaska Department of TransportationはFathymと協業し、気象条件をモニターし、危険な状況についてドライバーと州担当者に通知するスマート道路を構築した。

photo 今後4年間でIoTへ50億ドルを投資(クリックで拡大) 出典:マイクロソフト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.