ニュース
» 2018年04月26日 07時00分 公開

FAニュース:基本性能を大幅に高めた新型スカラロボット、ティーチングソフトも改良

蛇の目ミシン工業は、新型スカラロボット「JS3」シリーズを発売した。従来機種よりも基本性能を大幅に高めた結果、搬送作業や組み立て作業など活用の場が広がっている。

[MONOist]

 蛇の目ミシン工業は2018年4月2日、新型スカラロボット「JS3」シリーズを発売した。価格はオープンで、年間100台の販売を目指す。

 JS3シリーズは、従来機種より基本性能を大幅に向上させ、搬送作業や組み立て作業など活用の場を広げた。また、同社独自のティーチングソフトを改良し、設備の立ち上げ時間を短縮、稼働時の微調整を容易にした。

 例えば、アーム長550mmタイプでは、軸合成の水平方向最高速度(ロボットの制御点におけるX-Y平面上の最高速度)が8300mm/秒、2kg可搬時の標準サイクルタイムが0.29秒と高速動作が可能だ。可搬質量は最大6kg、許容慣性モーメントは0.12kgm2となっている。

 また、モーターとエンコーダーの配線を内部配線化し、ケーブルの干渉を防止した。ハンド配管用の内装経路を用意したことで、配線や配管がコンパクトにまとめられるようになった。専用コントローラーには最大999のプログラム、最大3万2000ポイントの記憶容量を保存できる。さらに、LANポート、USBメモリポートを標準装備し、簡易PLC機能(最大1000ステップ)を内蔵した。

 オプションとして、外部モーター2軸まで制御可能な付加軸機能や、プログラミング機能を拡大したオリジナルPCソフトウェア「JR C-Points II」などが用意されている。

photo スカラロボット「JS3-5520」(クリックで拡大) 出典:蛇の目ミシン工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.