ニュース
» 2018年04月26日 07時00分 公開

北京モーターショー2018:ホンダも2018年内に中国専用EVを発売、カーシェアリング向けにも

ホンダは「北京モーターショー 2018」において、中国市場専用の電気自動車(EV)のコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」を世界初公開した。

[齊藤由希,MONOist]
「理念 EV CONCEPT」を世界初公開(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 ホンダは「北京モーターショー 2018」(プレスデー:2018年4月25〜26日、一般公開日4月29日〜5月4日)において、中国市場専用の電気自動車(EV)のコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」を世界初公開した。2018年内の発売を予定している。

 「理念」は広汽本田が展開するブランド。理念EVコンセプトは本田技研科技と広汽本田が共同開発した。同モデルは2017年に出資した中国のカーシェアリング会社Reachstar(リーチスター)向けに供給し、シェアリング車両としても活用する。リーチスターは中国のソフトウェア大手Neusoftのグループ会社だ。

理念 EV CONCEPTはカーシェアリング向けの車両としても活用する(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 理念EVコンセプトのプラットフォームが中国で独自に開発したものかは非公表とした。なお、ホンダは2017年の各地のモーターショーで、新開発のEV専用プラットフォームを採用したコンセプトカー「Honda Urban EV Concept」を披露し、2019年に欧州で、2020年に日本で発売する方針を明らかにしている。中国では2025年までに20車種以上の電動化モデルを投入する計画だ。

 また、北京モーターショー2018では「アコードハイブリッド」や、新型セダンのコンセプトモデル「インスパイア コンセプト」など2018年後半に発売予定のモデルも披露した。

インスパイア コンセプトのティーザー画像(左)。Honda Urban EV Conceptのプラットフォームとの関連は……(右)(クリックして拡大) 出典:ホンダ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

公式SNS