ニュース
» 2018年04月26日 08時00分 公開

北京モーターショー2018:レクサス「ES」が2018年秋に日本導入、「カムリ」と同じTNGAプラットフォーム

トヨタ自動車は「北京モーターショー 2018」において、レクサスブランドのセダン「ES」の新モデルを世界初公開した。

[齊藤由希,MONOist]
レクサスブランドのセダン「ES」の新モデルを世界初公開した(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 トヨタ自動車は「北京モーターショー 2018」(プレスデー:2018年4月25〜26日、一般公開日4月29日〜5月4日)において、レクサスブランドのセダン「ES」の新モデルを世界初公開した。専用の足回りやデザインを採用した「F SPORT」のモデルも設定する。日本では2018年秋に発売する。

 ESはフラグシップセダンの「LS」とともにレクサスブランドの最初のラインアップとして誕生した。日本では「カムリ プロミネント」「ウィンダム」として販売されてきたが、ESとしては日本初導入となる。

新型ESの外観デザイン(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 プラットフォームは「カムリ」と同じGA-Kプラットフォームを採用した。外形寸法は全長4975×全幅1865×全高1445mmで、ホイールベースは2870mm。高剛性化と低重心化を図るとともに、ダブルウィッシュボーン式リアサスペンションの採用やジオメトリーの最適化によって高い操縦安定性を確保したとしている。

 また、レクサス「LC」やカムリに採用したラック平行式の電動パワーステアリングによって、操舵(そうだ)の応答性を高めた。車室内の静粛性を向上するため、音源対策や吸音、遮音を重点的に実施した。ノイズリダクションホイールや遮音性の高いアコースティックガラスの採用など、LSの技術も取り入れた。

ラック平行式の電動パワーステアリングを採用(左)。プラットフォームだけでなくハイブリッドシステムもTNGA(中央)。アルミニウムや高張力鋼板を採用して軽量化を図った(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 パワートレインは排気量2.5l(リットル)のハイブリッドシステムを採用する。使用する直列4気筒エンジンは、吸気効率の向上や燃焼室内の気流強化による高速燃焼で高い熱効率を達成した。新型のトランスアクスルやパワーコントロールユニットを採用し、ダイレクトな加速フィーリングを実現しているという。

 運転支援システムは、機能を追加して第2世代となった「Lexus Safety System +(トヨタブランドはToyota Safety Sense)」を搭載する。第2世代のシステムは、第1世代のセンサーの構成は維持し、自転車や夜間の歩行者の検知に対応した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.