ニュース
» 2018年04月27日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:RTOS上で稼働するハードウェア組み込み型制御アルゴリズムを開発

JIG-SAWは、RTOS上で動く、組み込み専用アルゴリズムを開発した。IoT分野での省電力系機器やデバイスコントロール、OEMモデルによるアルゴリズムとコントロールサービスを2018年6月下旬より順次提供開始する。

[MONOist]

 JIG-SAWは2018年4月9日、リアルタイムOS(RTOS)上で動く、軽量・低消費電力の半導体デバイス組み込み型制御アルゴリズム(ハードウェア専用アルゴリズム)を開発したと発表した。

photo RTOS上で稼働するハードウェア専用アルゴリズムのイメージ(クリックで拡大) 出典:JIG-SAW

 IoT(モノのインターネット)分野では現在、軽量化や省電力化が要求されている。同社は今回、Linuxなど従来のOSに加え、RTOS上で稼働する省電力のデバイスコントロールアルゴリズムを開発。これを実装可能にした。

 同アルゴリズムは、OS上にソフトウェアを実装するのではなく、完全なハードウェア組み込み型となる。同社では、IoT分野での省電力系機器やデバイスコントロール、OEMモデルによるアルゴリズムとコントロールサービスを同年6月下旬より順次提供開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.