特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年04月27日 08時00分 公開

ハノーバーメッセ2018:日独でデジタル製造向け提案を広げるコニカミノルタ、勝算は中小製造業

コニカミノルタはハノーバーメッセ2018に出展しIoTビジネスプラットフォーム「Workplace Hub」を1つの軸とした、デジタル製造領域のソリューション提案を行った。2018年夏頃から本格的に市場展開を開始する。

[三島一孝,MONOist]

≫ハノーバーメッセ2018特集はこちら

 コニカミノルタは、ハノーバーメッセ2018(2018年4月23〜27日、ドイツ・ハノーバーメッセ)に出展しIoT(モノのインターネット)ビジネスプラットフォーム「Workplace Hub(ワークプレースハブ)」を1つの軸とした、デジタル製造領域のソリューション提案を行った。2018年夏頃から本格的に市場展開を開始する。

photo 3回目の出展となるコニカミノルタブース(クリックで拡大)

 同社がデジタル製造領域に進出し、ハノーバーメッセに出展するのは3回目となる。2017年にはドイツのベルリンで「Workplace Hub」を発表するなど、ドイツおよび欧州市場でのデジタル製造ソリューションに力を入れている。

photo ハノーバーメッセ2018に出展したワークプレースハブ(クリックで拡大)

 デジタル製造領域の取り組みでは、日本などに加えてドイツにも専門の提案部隊を2018年2月に設置。提案を本格化する方針である。

 併せて、「ワークプレースハブ」では、新たにドイツのTRUMPF(トルンプ)グループである工場向けIoTプラットフォームサービスAXOOM(アクスーム)と提携※)。ワークプレースハブ上でアクスームのアプリを使えるようにした。さらに両社はインダストリー4.0の実施に不可欠なハードウェア、ソフトウェア、サービスなどをオールインワンパッケージとして提供。「Smart Start Kit」として中小製造業を中心に提案を進める方針だという。

※)関連記事:インダストリー4.0の世界を容易に、ドイツ発ベンチャーが描く工作機械のスマホ化

 コニカミノルタ ビジネスソリューションズのドイツ法人でデジタル製造担当のプランニングスペシャリストである坂匡晃氏は「AXOOMは既にMESなど豊富なアプリをそろえておりデジタル製造領域で価値を得るための時間を短縮できる。これらのアプリケーションを組み合わせることで、さまざまな価値を短い時間で低価格で実現できるようになる」と価値について述べている。

photo ワークプレースハブで使用するアクスームのアプリのイメージ。稼働監視などさまざまなアプリがそろっていることが特徴(クリックで拡大)

 さらに、ドイツでの取り組みについて坂氏は「コニカミノルタでは既にドイツ国内の顧客だけでも4000社以上の顧客リストを持っており、多くが中小製造業である。現在は顧客との関係強化や情報収集などを進めているが、十分に可能性があると考えている。『Smart Start Kit』は2018年夏頃の本格展開を予定しているが、中小製造業には評価を得られると手応えを感じている」と述べている。

≫ハノーバーメッセ2018特集はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.