ニュース
» 2018年05月01日 09時00分 公開

キャリアニュース:余暇に関する調査――初めて「余暇重視派」が「仕事重視派」を上回る

東京ガス都市生活研究所が「生活定点観測調査」を元にした都市生活レポートを発表。今回の調査で初めて「余暇重視派」が「仕事重視派」を上回った。また、自由に使える時間は、家で過ごしている人が多いことが分かった。

[MONOist]

 東京ガス都市生活研究所は2018年4月20日、都市生活レポート「プライベートは“ウチ余暇”を楽しむ〜家での日常を大切にする、新しいフツウの暮らし〜」を発表した。

 同レポートは同研究所が1990年から3年ごとに実施している「生活定点観測調査(2017年)」を元にしたものだ。その中で、余暇に関する調査は一都三県在住の10〜70代の男女4800人を調査対象とした。

余暇重視派が仕事重視派を初めて上回る

 まず「生活の力点」について、仕事と余暇とどちらに置いているかを尋ねたところ、「余暇においている」と回答した人が「どちらかといえば近い」(33.0%)、「大変近い」(18.9%)と、合わせて51.9%が「余暇」を重視していることが分かった。これまでの調査では「仕事重視派」の方が多く、今回の調査で初めて「余暇重視派」が「仕事重視派」を上回った。

photo 生活の力点(クリックで拡大) 出典:東京ガス

 次に、自由に使える時間をどこで誰と過ごすことが多いかを尋ねた。その結果、「家でひとり」(平日61.4%、休日49.8%)と「家で家族と」(平日42.8%、休日52.8%)の回答率が高く、余暇は家で過ごしている人が多いことが分かった。

photo 自由に使える時間をどこで誰と過ごすことが多いか(複数回答)(クリックで拡大) 出典:東京ガス

 この問いについて、余暇を充実させたい意向が強かった共働き子育て層(夫婦ともに週30時間以上労働している、30〜40代の小学生以下の子供と同居している人)に着目すると、ひとりの時間だけではなく、家族との時間も充実させたいと考えていることが分かった。

photo 余暇の充実傾向(クリックで拡大) 出典:東京ガス

 具体的に、どのような過ごし方を望んでいるのかを男女別に見ると、女性は66.7%が「家でおいしい料理を作りたい(にあてはまる)」と回答。親子料理に関する過去の調査から、家庭での「料理」が子どもとのコミュニケーションのきっかけになっていることが推測できる。

photo 家でおいしい料理を作りたい(クリックで拡大) 出典:東京ガス
photo 親子料理に関する過去の調査(クリックで拡大) 出典:東京ガス

 男性は、取り入れたい余暇として52.9%が「家でピクニックやバーベキューを楽しむ」と回答した。男性は、アウトドア気分を家で手軽に味わえる余暇の過ごし方を望んでいると言えそうだ。

photo 取り入れたい余暇(クリックで拡大) 出典:東京ガス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.