デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2018年05月07日 13時00分 公開

CAEニュース:自動車開発におけるCAEやNVHを支援、ホイール6分力計「SWIFT Evo」を販売開始

東陽テクニカはホイール6分力計「SWIFT Evoシリーズ」を販売開始した。同製品では機能強化や精度向上、GUI改良を行った。低ヒステリシスとクロストーク、優れた非直線性を特長とし、オートバイおよび四輪バギーにも取り付け可能だ。Transducer Electronic Data Sheet(TEDS)も内蔵。CAEによる検証やNVHによる車両解析を支援する。

[小林由美,MONOist]

 東陽テクニカは2018年4月20日、ホイール6分力計「SWIFT Evoシリーズ」を販売開始した。SWIFT Evoは自動車の車軸に加わる直交3軸方向の力とモーメントを同時計測できるPiezotronics製のホイール6分力計で、MTS Systems「MTS SWIFT WFT」の後継。アルミ製とチタン製があり、計測対象の車種に応じた5モデルを備える。同製品では機能強化や精度向上、GUI改良を行った。

SWIFT Evoシリーズ(出典:東陽テクニカ)

 自動車開発においては、自動運転技術の向上や車体の軽量化、複雑化した制御系といった課題により、CAE活用による正確な解析が求められている。SWIFT Evoではホイールの6分力を正確に計測することで、CAEによる検証やNVH(Noise、Vibration、 Harshness:騒音/振動/ハーシュネス)による車両解析を支援する。

 SWIFT Evoは普通車、小型車、オートバイおよび四輪バギー、小型トラック、大型トラックの測定に対応し、低ヒステリシスとクロストーク、優れた非直線性を特長とする。またIP67規格に適合する防水・防塵構造を持つ。「ISO17025」に準拠した校正を備え、Transducer Electronic Data Sheet(TEDS)を内蔵し、測定器型式や製造番号、感度、校正日付などの固有情報を自動取得可能だ。

 同製品はロードシミュレーションシステム「MTS329ロードシミュレータ」(MTS Systems製)に直接かつ簡単に取り付けられ、走行テストとラボテストで同一のセンサーを設置可能だ。

 PCB Piezotronicsは1967年設立の米国のセンサーメーカーで、2016年にMTS Systemsが同社を買収して100%子会社としている。加速度計やロードセル、インパクトハンマー、トルクセンサーなどセンサー製品を幅広く手掛ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.