連載
» 2018年05月08日 09時00分 公開

MONOist×JOBS 転職市場動向:産業用ロボットは業績好調で求人件数が2.5倍に

技術者の転職市場を毎月レポートする「MONOist×JOBS 転職市場動向」。今回は、2018年度の産業用ロボット業界における技術者転職市場についてお話しします。

[MONOist]
photo

本記事は技術者のための転職サイト
E&M JOBS」からの転載です。



産業用ロボットは、業績好調で求人件数が2.5倍に

photo

 産業用ロボット業界の5月は、3月期決算の企業の業績が出そろう時期。2017年度は半導体、自動車に加えて産業用ロボットが主力の企業も好調でした。

 日本ロボット工業会の発表によると、2017年度の産業用ロボットの出荷額は前年度から58.5%増加の7126億円で、過去最高を記録。自動車向けの多関節ロボットに強みがあるファナックは、2017年度の純利益が前年度比42.5%増の1820億円になったと発表しており、一般産業向けの売り上げが伸びた安川電機も最高益を更新しました。

 業績が好調な企業は、事業拡大にも積極的。ファナックは630億円を投資して建設した工場2棟が2018年8月に稼働予定で、三菱電機は中国の工場を2倍に拡張してロボット製造ラインを新設しました。業績好調の企業では、こうした設備投資も背景に中途採用が活発化。E&M JOBSが保有している2017年度の産業用ロボット業界の求人件数も前年度から2.5倍に増加しており、2018年度はさらに増えると予想されます。

技術者のニーズは右肩上がり 転職しやすい状況に

 2017年度に好調だった業界を中心に中途採用は活発化しており、技術者のニーズは増加の一途。技術者は引く手あまたの状況で、選考期間を短縮したり、入社時に一時金を支給したりしている企業もあります。

 採用プロセスを短縮化している企業では、面接が1回で終わったり、書類選考なしで面接に進めたりする企業も。いずれも選考にかかる時間が短くなるので、スムーズに転職活動を進められます。働きながら転職先を探している方が面接しやすいように、週末に選考会を行っている企業もあります。

 2017年度に予定していた人数を確保できなかった企業は、2018年度の中途採用をさらに強化しています。業界未経験の方の採用にも積極的で、大学や大学院で理系専攻だった方なら経験を問わず応募できる求人も。業績が伸び悩む業界を抜け出して、好調な業界に転職できる可能性も高まっています。

 E&M JOBSでは、業界・職種未経験でもチャレンジできる求人を数多くお預かりしています。「自分がどんな求人に応募できるのかが分からない」「転職でキャリアアップできるのかが知りたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

photo

長嶋一樹
技術職専門のコンサルタント。自動車業界や半導体業界の転職支援に豊富な実績があり、異業界からの転職サポートも得意としている。担当企業の訪問を月に2〜6回行っており、情報収集に注力。転職希望者への情報提供に強みを持っている。一児の父。好きなお菓子はアルフォート。

E&M JOBS(イーエム・ジョブズ)
電気・電子系(Electronics)と機械系(Mechanics)技術者のための転職サイトです。技術者のキャリアに詳しいコンサルタントが一人一人の要望を詳しくヒアリングし理想の転職をかなえます。サービスは全て無料です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

公式SNS