ニュース
» 2018年05月08日 14時00分 公開

3Dプリンタニュース:HPの“10倍速”3Dプリンタを気軽に量産で利用、DMM.makeの3Dプリントサービス

DMM.comと日本HPは、3Dプリント出力代行サービスに「HP Jet Fusion 3D 4200」を導入した。販売店であるリコージャパンも協力の上、1件あたり1000〜5000個の出力に対応した「マスプロダクションサポート」で同プリンタを活用し、試作だけでなく最終製品の生産もサポートする。

[齊藤由希,MONOist]

 DMM.comと日本HPは2018年4月25日、東京都内で会見を開き、同社の3Dプリント出力代行サービスに「HP Jet Fusion 3D 4200」を導入したと発表した。販売店であるリコージャパンも協力の上、1件当たり1000〜5000個の出力に対応した「マスプロダクションサポート」で同プリンタを活用し、試作だけでなく最終製品の生産もサポートする。

 DMM.comは、プリンタメーカーと販売店、ユーザーがそれぞれ持つノウハウを共有できる場を提供することにより、3Dプリンタの利便性向上につなげる。

ドローンから建造物の部品まで

 マスプロダクションサポートは、3Dプリント出力代行サービス「DMM.make 3Dプリント」で提供するサービスの1つ。3Dスキャンによるデータ作成や、CADデータの製作代行、3Dデータの修正などを受託している。3Dプリンタの出力に最適化された設計や品質保証を実践することは、3Dプリンタ活用のハードルとなっていた。ユーザーはDMM.make 3Dプリントを通じて、自前で確保するのが難しい設備やノウハウをサービスとして利用できる。

 新サービスであるマスプロダクションサポートは、3Dプリンタの出力物を最終製品として使うことに重点を置いている。そのため、1件当たりの出力を1000〜5000個と設定している。造形によってはこれよりも少ない個数の受注にも対応する。従来のサービスと同様に、ユーザーは設備投資やメンテナンスの負担なしに、HP Jet Fusion 3D 4200をサービスとして利用することが可能だ。

ドローン(左)や学生フォーミュラの参戦車両の部品(右)でHP Jet Fusion 3D 4200を使った事例(クリックして拡大)
建造物を支える部品を3Dプリンタで出力した事例も(クリックして拡大)

 最終製品の量産に3Dプリンタを活用できるようにするため、さまざまなサポートを提供する。具体的には、造形物を製品に利用可能かどうかの検証の他、1回の出力での生産量や出力時間、使用する材料の量の確認や調整にも対応。こうしたサポートは日本HPの支援の下でDMM.comが対応する。

 サービスを利用した結果、実際にHP Jet Fusion 3D 4200を購入したいユーザーも支援する。日本HPやリコージャパンが協力し、DMM.comも含めた3社が持つ知見を共有してユーザーが自前の設備を最適に活用できるようにする。導入後のメンテナンスも日本HPとリコージャパンがサポートする。

日本HPの秋山仁氏

 日本HP 3Dプリンティングビジネス部 部長の秋山仁氏は最終製品に3Dプリンタを使う意義について、「3Dプリンタは金型をなくしたり、射出成型を不要にしたりする技術ではない。従来の工法や設計と組み合わせることで、さまざまなカスタマイズが実現できる。既に自動車メーカーや玩具メーカーが量産品に3Dプリンタを活用している。われわれは自社製品に3Dプリンタで出力した部品を使うことで、信頼性も証明している」とコメントした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.