ニュース
» 2018年05月10日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:フルカラー3Dプリンタで自分が作った3Dデータを無償で出力、ミマキが東京と長野で

ミマキエンジニアリングは、同社の3Dプリンタ「3DUJ-553」を用いてフルカラー3D造形を無償で体験できる「Mimaki Full Color 3D Creative Lab.」を開催する。対象者は、3Dデータを持参可能なクリエイターや学生。

[MONOist]

 ミマキエンジニアリングは2018年5月19日、22日に同社の3Dプリンタ「3DUJ-553」を用いてフルカラー3D造形を無償体験できる「Mimaki Full Color 3D Creative Lab.」(Creative Lab.)を開催する。

 3DUJ-553は、1000万色以上のフルカラーで精巧な造形を可能とするUV硬化インクジェット方式の3Dプリンタ。後加工性に優れ、オーバーコートや穴あけもできる。同社のプリント技術を集結し、精巧な造形表現を可能にした。

 Creative Lab.では、3DUJ-553についての説明からフルカラー3Dデータ作成時の注意点、実際のプリント、サポート材の除去まで、3Dプリンタ造形の流れを体験できる。

 開催場所は、長野県の同社滋野ショールームと東京都五反田のJPデモセンター(いずれも全5回)。第1回は、滋野ショールームは同年5月22日、JPデモセンターは同年5月19日に開催する。

 対象者は、3Dデータを持参可能なクリエイターや学生。参加費は無料で、メールによる事前申し込みが必要。OBJ形式の自作3Dデータ(OBJ、mtl、テクスチャのセット)とノートPCを持参して参加する。3Dデータは、造形サイズ30×15×15mm以内、ポリゴン数は200万ポリゴン前後で、0.3mm以上での造形を推奨している。

photo 3Dプリンタ「3DUJ-553」 出典:ミマキエンジニアリング
photo 「3DUJ-553」での造形サンプル 出典:ミマキエンジニアリング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.