ニュース
» 2018年05月11日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:三菱自動車が営業利益19倍で黒字転換、2018年度は新型車3車種を展開 (2/2)

[齊藤由希,MONOist]
前のページへ 1|2       

2018年度は新モデル3車種を投入、販売台数は14%増

 2017年度の販売台数は前期比19%増の110万1000台だった。三菱自動車はASEANとオセアニア地域を「主力地域」、北米と中国を「注力地域」、日本を「回復地域」と位置づけており、全ての地域で販売が増加した。ASEANは新興国専用で2017年10月に発売した新型車「エクスパンダー」の販売が好調だった。2018年4月末までに3万9000台を販売しており、インドネシアでは車種別販売ランキングで2018年3月に首位を獲得するとともに、現地のカーオブザイヤーを受賞した。エクスパンダーは2018年度からフィリピンなどASEAN各国に輸出し、販売をさらに拡大する。

 世界戦略車の新モデル「エクリプス クロス」も各地域の販売台数増加に寄与した。2017年度は60カ国に出荷しており、2018年度は中国を含め92カ国に拡大する。

エクリプス クロスの立ち上げが順調だった(クリックして拡大) 出典:三菱自動車

 2018年度は新規車種の投入や既存車種の全面改良で3車種の新車を展開、前期比14%増の125万台の販売を見込む。主力地域は同12%増、注力地域が同21%増、回復地域である日本は同7%増を計画している。主力地域の1つであるインドネシアは、タイに次ぐ生産拠点として活用し、工場の能力増強を行う。インドネシアでの販売台数は前期比31.7%増の13万7000台を見込む。

 注力地域である中国は、エクリプス クロスを現地生産して販売を開始する他、ディーラー網の拡充を進め、前期比23.5%増の16万8000台を目指す。また、中国では中期経営計画の最終年度である2019年度までにエンジンの現地生産や車両の生産能力拡大を予定している。また、同じく注力地域の北米では、エクリプス クロスや「アウトランダーPHEV」を導入することにより、同19%増の18万4000台を見込む。2017年度に減少したディーラーごとの販売台数を改善する施策も進める。

 日本では新モデル2車種を投入(うち1車種は2019年4月から登録を開始)し、10万5000台を計画。2018年8月には2019年モデルのアウトランダーPHEVも投入する。販売金融を手がけるMMCダイヤモンドファイナンスを完全子会社化したことにより、顧客サービスの向上も図っていく。

2018年度の販売見通し(クリックして拡大) 出典:三菱自動車
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.