VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2018年05月14日 13時00分 公開

VRニュース:スタンドアロン型VRヘッドセットとVR180対応2眼カメラを発売

レノボ・ジャパンは、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」と、VR180対応の2眼カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」の予約販売を開始した。

[MONOist]

 レノボ・ジャパンは2018年4月24日、スタンドアロン型VR(仮想現実)ヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」と、VR180対応の2眼カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」の予約販売を開始した。Web直販の予定価格はMirage Soloが5万1200円、Mirage Cameraが3万5800円(いずれも税別)。店頭販売は同年5月11日からを予定する。

 Mirage Soloは、Googleのインサイドアウト式モーショントラッキング技術「WorldSense」を採用。内蔵センサーカメラで周囲を認識するため、トラッキングポイントの設置は必要ない。動作認識も高精度で、どの方向にも自由に動ける6DoF(6Degrees of Freedom)で使用者の動きを捉える。ケーブルを必要としないスタンドアロン型で、2560×1440の高解像度ディスプレイと人間の視界に近い110度の視野角を備え、高い没入感が得られる。

 Mirage Cameraは、180度の広角映像を容易に撮影できるデュアル魚眼カメラだ。左右180度、上下180度の幅広い視野角で、4K(3840×2160)映像を撮影できる。YouTubeの電子式6軸手振れ補正機能を搭載し、GoogleのVR動画向けフォーマットVR180に対応。Mirage Soloをはじめ、他社製のヘッドセットやPCでも再生可能だ。また、Googleクラウドサービスとの連携で、YouTubeやGoogleフォトへデータを容易にアップロードできる。

photo VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」 出典:レノボ・ジャパン
photo 2眼カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」 出典:レノボ・ジャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.