ニュース
» 2018年05月15日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:4年間の開発で当初の企画が時代遅れに、パイオニアが背負った大型受注の開発費 (2/2)

[齊藤由希,MONOist]
前のページへ 1|2       

小谷氏は代表権のない会長に

新社長に就任する森谷浩一氏

 パイオニアは決算発表と同日に、社長交代の人事も発表した。取締役兼常務執行役員の森谷浩一氏が代表取締役兼社長執行役員に就任し、経営体制の刷新と世代交代を進める。 森谷氏は1957年8月生まれの60歳で、1950年生まれの小谷氏から若返りを図る。森谷氏は4つの経営課題を踏まえて事業の見直しを進め、早期の黒字化と業績回復を目指す。

 森谷氏は経営課題として、カーエレクトロニクスOEM事業の抜本的改善、経営資源の再配分、オペレーションの精度向上と経営管理体制の強化、フリーキャッシュフローの創出の4つを挙げる。確実に利益を生める体制に移行し、ソリューション型ビジネスや新規事業の拡大、高精度地図やライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)といった自動運転関連に稼いだ利益を集中的に投資できるようにする。

 小谷氏は代表権のない取締役兼会長執行役員に就任し、対外的な活動に置いて新社長をサポートする。2018年6月27日に開催予定の定時株主総会と取締役会を経て正式に決定する。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.