ニュース
» 2018年05月17日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:給湯器メーカーが見守りサービスを開始、給湯器のリモコンで

ノーリツは、無線LAN対応の風呂給湯器リモコン「RC-G001EW」を発表した。入浴者の見守り機能を搭載した同社給湯器に対応し、スマートフォンで宅内からの入浴者の見守りや外出先からの風呂操作などが可能になる。

[MONOist]

 ノーリツは2018年4月24日、無線LAN対応の風呂給湯器リモコン「RC-G001EW」を発表した。入浴者の見守り機能を搭載した同社の風呂給湯器「GT-C62」シリーズ、温水暖房付き風呂給湯器「GTH-C」シリーズに対応。スマートフォンを使って、宅内からの入浴者の見守りや外出先からの風呂操作などが可能になる。

 同製品は、宅内の無線LANルーターを介して専用のアプリ「わかすアプリ」をインストールしたスマートフォンと通信する。これにより、同居家族の浴室への入室・退室や、入浴している時間をリビングなど宅内からスマートフォンの画面で確認できる。設定した入浴時間を経過するとアラームも鳴らせる。入室・退室の感知には浴室リモコンの人感センサーが、浴槽への入浴・退浴の感知には給湯器本体の水位センサーが働く。

 離れて暮す家族などの家に同製品と対応給湯器を設置すれば、その家の無線LANルーターとスマートフォンを通信させることで、遠方から風呂や浴室暖房の使用の有無をスマートフォンに表示でき、家族の安否確認に利用できる。また、お湯の使用量や浴室温度の変化を1時間単位でグラフ表示できる。

 さらに、宅外から自宅の風呂のお湯はり、追いだき、床暖房のオン・オフなどの操作をスマートフォンで行える。お湯の使用量の確認も可能だ。給湯器に故障などが生じた場合はスマートフォンにエラーコードが表示されるとともに、対処方法をQ&A形式で表示する。

 スマートハウス用通信プロトコル「ECHONET Lite」規格に準拠し、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)にも対応している。価格は、インターフォンなしの「RC-G001EW マルチセット」が4万6800円、インターフォンありの「RC-G001PEW マルチセット」が5万4800円(いずれも税・工事費別)。同年9月3日の発売を予定している。

photo 給湯器リモコン「RC-G001EW」(クリックで拡大)出典:ノーリツ
photo お風呂の見守り機能のイメージ(クリックで拡大) 出典:ノーリツ
photo 離れた家族の見守り機能のイメージ(クリックで拡大) 出典:ノーリツ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.