ニュース
» 2018年05月18日 13時00分 公開

メカ設計と試作:CFRPなどの異素材を接合するマルチマテリアル化の研究を開始

日立金属は、自動車関連部材の軽量化ニーズに対応するため、異素材同士を接合させる「マルチマテリアル化」の研究を開始した。

[MONOist]

 日立金属は2018年5月9日、自動車関連部材の軽量化ニーズに対応するため、異素材同士を接合させる「マルチマテリアル化」の研究を開始し、試作品を開発したと発表した。

 マルチマテリアル化の研究は、同社の素材研究所で進める。CFRP(炭素繊維強化プラスチック)などの素材の長所を生かし、最適な配置で異素材同士を接合させることで、軽量化や高強度化を図る。

 製品化については、2025年以降になると見込んでいる。

photo 成形装置 出典:日立金属
photo CFRPを使った成形トライアル品 出典:日立金属

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.