ニュース
» 2018年05月21日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:時速500kmでも切れない通信へ、高速鉄道向け通信システムの要素技術を開発

NICTは、高速移動中に通信を途切れさせず、20Gbpsの無線信号を送信する動作実験に成功した。今回の実験成功により、時速500kmを上回る高速鉄道などでも円滑な高速通信が可能になる見通しが立ったという。

[MONOist]

 情報通信研究機構(NICT)は2018年4月26日、高速移動中に通信を途切れさせずに20Gbpsの無線信号を送信する動作実験に成功したと発表した。現在の携帯電話回線と比べて約20倍以上の通信速度となる。今回の実験成功により、時速500kmを上回る高速鉄道などでも円滑な高速通信が可能になる見通しが立ったとする。

 高速鉄道での移動を想定し、線路に沿って無線局を設置するリニアセル方式と、光ファイバーを介して無線信号を伝送するファイバー無線技術を組み合わせ、高速移動中でも通信が途切れないように無線局を適時切り替える通信方式を開発した。

photo ファイバー無線技術でミリ波を送信するイメージ 出典:情報通信研究機構

 今回開発した主な要素技術は、ファイバー無線技術を用いた高速無線局切り替え方式、2つの無線局からの無線信号の干渉を低減する方式、ミリ波を利用した大容量無線通信技術となる。

photo ファイバー無線技術を用いた高速無線局切替え方式のイメージ図(クリックで拡大) 出典:NICT
photo 2つの無線局からの無線信号の干渉を低減する方式、実験構成の概略図と実験結果(クリックで拡大) 出典:NICT

 今後は日立国際電気、鉄道総合技術研究所、海上・港湾・航空技術研究所電子航法研究所などと共同で、実際の鉄道路線を使った実証試験に着手し、共同研究開発と社会実装を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.