ニュース
» 2018年05月22日 12時00分 公開

メカ設計メルマガ 編集後記:日本の公差解析は英会話と状況が同じか

それがよいか悪いかの議論は当然出てくるでしょうが。

[小林由美,MONOist]

 この記事は、2018年5月22日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

日本の公差解析は英会話と状況が同じか

 水野操さんがMONOistに帰ってきました。今回は「トポロジー最適化とは何か」という連載タイトルそのものの内容で、半年間かけて(期間は伸びるかも?)説明してくださる予定です。2017〜2018年にかけて各社の3D CADにトポロジー最適化機能が実装される動きが加速しました。「でも一体、どう使ったらいいのか?」と思う読者さんもいらっしゃったかと思います。水野さんはCADにもCAEにも精通する3Dの専門家です。

トポロジー最適化、なぜ今なの? 寸法最適化や形状最適化との違いは?

 そこでは製造業が利用しているツールの民主化のお話が出てきました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.