第29回 設計・製造ソリューション展
ニュース
» 2018年05月22日 13時00分 公開

CADニュース:設計からトポロジー最適化、3Dプリントチェック・出力まで全てをCreoの中で

PTCジャパンは2018年5月17日、3D CADシステムの最新版「Creo 5.0」に関する記者説明会を開催。今回はトポロジー最適化や熱流体解析、金属3Dプリンタ出力などに対応している。

[小林由美,MONOist]
トンプソン氏 PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏

 PTCジャパンは2018年5月17日、3D CADシステムの最新版「Creo 5.0」に関する記者説明会を開催した。Creo 5.0は同年3月から国内販売を開始している。今回はトポロジー最適化や熱流体解析、金属3Dプリンタ出力などに対応。発表会ではそれぞれの機能に関する詳細について明かした(関連記事:Creo 5.0にトポロジー最適化の実装、直接CADから熱流体解析も可能に)。

 PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントであるブライアン・トンプソン氏は「3Dプリンタによる最適化、検証、プリントを別々のソフトではなく、それを全てCreoの中で行えるようにして、同じフォーマットやプロセスで設計データを3Dプリンタに届けることが可能だ」と説明する。

Creo5.0における新機能概要(出典:PTCジャパン)

 金属3Dプリント関連の機能「Creo Additive Manufacturing Plus Extension for Materialise」は、PTCのパートナーである Materialiseの金属3Dプリンタのオンラインライブラリに直接接続してプリンタドライバーやプロファイルが利用できる。Creoの中で、設計した3Dモデルが金属3Dプリントに適しているかチェックを実施し、修正する機能を提供する。なお既にStratasysと3D SYSTEMSが3DプリントチェックのドライバーをCreoに提供している。

 バージョン5.0.01から実装のトポロジー(位相)最適化については、同社のパートナーであるVR&Dの技術を利用している。この機能はCreoに完全統合されており、生成形状はポリゴンではなく、Creoの3D CAD機能で扱えるパラメトリックなジオメトリである。生成形状の表面も自動でスムーズにする機能も備える。境界条件には、構造や熱も含められる。また、アンダカットを避けるなど抜き方向を考慮した形状生成にも対応する。「Creoのトポロジー最適化機能の開発は3年の月日を要した。生成形状の面をスムーズにする機能はPTCの技術による」(トンプソン氏)

Creo 5.0のトポロジー最適化による形状生成
さらに面を自動でスムーズに

 Creo 5.0に完全統合された金型加工拡張機能は、要は「1回きりのツールパス生成」に対応しやすくする機能である。3軸と3軸+2配置加工をサポートする。この機能はフィーチャーではなく、ジオメトリに対してツールパスがリンクしているため、「指定方法がシンプルで、細かく設定する必要がない」(トンプソン氏)という。設計変更時にはツールパスを自動で再生成する。

Creo 5.0における金型加工拡張機能のイメージ(出典:PTCジャパン)

 熱流体解析ツール「Creo Flow Analysis Extension」(FAE)はCreoのCAD環境で利用できる。パッケージは「Basic」「Plus」「Premium」の3種類を備える。同社のパートナーである流体解析ツールの開発元、Simericsの技術を利用している。CADに統合された流体解析ツールとしては、計算が高速でありながら高精度であることが特色であるという。

Creo 5.0の流体解析ツール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.