第29回 設計・製造ソリューション展
ニュース
» 2018年05月25日 09時00分 公開

製造ITニュース:AIを利用した製造業向け予知保全サービスの提供を開始

日本システムウエアは、製造業向け予知保全サービス「Toami Analytics for 予知保全」の提供を開始した。これまで「Toami Analytics」の提供を通じて蓄積したAI活用や統計手法のノウハウを、予知保全向けにパッケージ化した。

[MONOist]

 日本システムウエアは2018年5月8日、製造業向け予知保全サービス「Toami Analytics for 予知保全」の提供を開始した。

 同社はこれまで、IoT(モノのインターネット)向けのビッグデータ分析・予測サービス「Toami Analytics」を故障予測や異常検知用途で提供してきた。今回提供するサービスは、その中で蓄積したAI(人工知能)活用や統計手法のノウハウをパッケージ化した。

 同サービスでは、ディープラーニングを活用して正常な状態との差を数値化し、変化を検知する。また、状態変化パターンから過去の故障事例を基に故障箇所を予測する。その結果、従来型の予知保全と比べ、メンテナンスコストをトータルで削減できる。

 ユーザーの現場環境やニーズに合わせて、クラウドおよびオンプレミスで提供される。同社では、AIが導き出した結果について、ユーザー自身が内容を理解し、判断して改善につなげられるようなアフターフォローサービスなども提供する。

photo 「Toami Analytics for 予知保全」の特長(クリックで拡大) 出典:日本システムウエア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.