ニュース
» 2018年05月25日 14時00分 公開

組み込み開発ニュース:エッジIoTゲートウェイ製品向けソフトの最新版を提供開始

ぷらっとホームは、同社のインテリジェントエッジIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT VX2」用ソフトウェアの最新版「FW3.1」の提供を開始した。今後、拡大するインテリジェントなIoTの需要に対応する。

[MONOist]

 ぷらっとホームは2018年5月9日、「Azure IoT Edge」に対応した、IoT(モノのインターネット)ゲートウェイ用ソフトウェア「FW3.1」の提供を開始した。同社のインテリジェントエッジIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT VX2」用のソフトウェアとなる。

photo 「OpenBlocks IoT Family」のアーキテクチャ図(クリックで拡大) 出典:ぷらっとホーム

 FW3.1はDockerを標準でサポートし、Dockerコンテナの追加や削除、起動停止などのDockerのマネジメント行える。また、マイクロソフトの「Azure IoT Edge」管理機能が追加され、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」が提供する「Azure Machine Learning」「Azure Stream Analytics」「Azure Functions」などの各種IoTサービスが利用できる。

photo Azure IoT EdgeマネジメントのWeb UI画面(クリックで拡大) 出典:ぷらっとホーム

 他に、柔軟かつ高速なデバイス、クラウド間通信をサポートするメッセージハンドリングシステム「PDHMS(Plat’Home Data Handling Module System)」や、視覚的に操作可能なWeb UIを搭載。Q&Aサービスや通知サービス、IoTリモートマネジメントサービスなどを付帯した年単位でのサブスクリプションサービスも提供する。

photo DockerマネジメントのWeb UI画面(クリックで拡大) 出典:ぷらっとホーム

 今後、OpenBlocks IoT VX2は、FW3.1を搭載した状態で出荷される。同製品を利用中のユーザーに対しては、アップデートによって提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.