ニュース
» 2018年05月31日 15時00分 公開

医療機器ニュース:ハイエンド電子顕微鏡のシェアリングサービスを開始

物質・材料研究機構は、シェアリング型官民連携サービス「オープンラボプログラム」を開始した。企業が支払う年間利用料によってNIMSがハイエンド電子顕微鏡を調達し、維持管理と運用を実施する。

[MONOist]

 物質・材料研究機構(NIMS)は2018年5月14日、オリックス・レンテック、日本電子の協力の下、シェアリング型官民連携サービス「オープンラボプログラム」を開始した。

 企業が支払う年間利用料によってNIMSがハイエンド電子顕微鏡を調達し、維持管理と運用を行う。また、同装置をベースにハイエンド電子顕微鏡に関する技術と手法を開発し、企業とNIMSが応用研究探索を共同で実施する。

 日本電子製の多機能電子顕微鏡「JEM-F200」をオリックス・レンテックからレンタルで導入。民間のレンタルノウハウを活用して、電子顕微鏡を導入・運用する。これにより、装置の老朽化や陳腐化を回避できるため、研究の効率化と品質向上が望めるという。

 同プログラムでは、JEM-F200を1台、収差補正装置を搭載した原子分解能分析電子顕微鏡「JEM-ARM200F」を2台、高性能FIB-SEM複合装置「NB5000」を1台用意する。これらの装置を、NIMS技術開発・共用部門電子顕微鏡ステーションで利用できる。

 3者は今後も連携して、大学、企業、公的研究機関の研究者がハイエンド分析装置を利用しやすい環境を提供し、研究開発をサポートするとしている。

photo 多機能電子顕微鏡「JEM-F200」 出典:物質・材料研究機構

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.