人とくるまのテクノロジー展2018特集
ニュース
» 2018年06月01日 07時00分 公開

人とくるまのテクノロジー展2018:インテリアデザインの自由度向上へ、より快適な操作との両立

「人とくるまのテクノロジー展2018」の展示から、インテリアデザインの自由度向上につながる取り組みを紹介する。

[齊藤由希,MONOist]
皮革の上からタッチ入力ができたら……(クリックして拡大)

 自動車の多機能化により、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)が複雑になっている。これに伴ってスイッチなどが増えることは、インテリアデザインの自由度を狭めてしまう。インテリアの質感やデザイン性の向上と、操作が快適なHMIを両立することがより一層求められている。

 「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23〜25日、パシフィコ横浜)の各社の展示から、インテリアの自由度を向上する取り組みを紹介する。

 アルプス電気は、感度を向上させた車載用静電入力デバイスを紹介。高感度なICとノイズを除去するアルゴリズムの組み合わせにより、木材や皮革、布などさまざまな素材越しにジェスチャー操作やタッチ入力を実現した。手袋を着用した状態でもタッチ操作が可能だ。厚さ5mm程度の素材までであれば、操作を検知できるという。

 インテリアの一部をHMIにできる他、さまざまな素材で質感を高めようとする高級車の内装に対応する。アルプス電気の説明員は「将来的に、車内では物理的なスイッチは一部の用途に限られ、ジェスチャー入力が増えていくのではないか」と説明した。

木材の上からタッチ入力やジェスチャー操作ができる(左)。メッシュ素材もタッチ操作対応に(中央)。手袋を着用した手を左下にかざすと、手の位置を正しく検知した(右)(クリックして拡大)

 カルソニックカンセイは、内装の加飾技術と空調製品のノウハウを組み合わせたインストゥルメントパネルを紹介した。エアコンのスイッチを木目調のタッチパネルに並べており、操作に対して音と振動でフィードバック。設定温度はスエードの内装にLEDで表示する。

 HVACのダクトまでレイアウトを見直しており、吹き出し口を細く目立たなくした。風量や風の当たり方などエアコンの基本性能とデザイン性を両立している。カルソニックカンセイの説明員は「空調と素材、デザインを一貫して手掛けられることはわれわれの強み」とコメントした。

エアコンの吹き出し口も目立たなくした(左)。デザイン性を高めたエアコンのスイッチ(中央)。スエード調の素材にエアコンの設定温度を表示している(右)(クリックして拡大)
ステアリングにセンサーはないのにドライバーの手の動きを検知する(クリックして拡大)

 ヴァレオジャパンは、ステアリングにセンサーを搭載せずに手や指の動きを検知する「3Dジェスチャーインタフェース」を出展した。

 ステアリングの奥にTOF(Time of Flight)カメラを設置し、手や指の位置、動きを3次元で検出する。展示したステアリングは、左右の透明なプラスチック板が仮想スイッチとなっており、タッチ入力が可能だ。

 ドライバーがスイッチを見たり探したりする必要がなくなる点にメリットがあるという。また、ステアリングに接触センサーを内蔵しようとすると構成が複雑化するため、TOFカメラによってシンプルにドライバーの手の動きをセンシングできる。

手の動きや指の位置を3次元で検知する様子。仮想スイッチの操作を認識したことは緑色の表示で強調している(クリックして拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.