ニュース
» 2018年06月01日 08時00分 公開

ロボット開発ニュース:協調しながら最適な動作を実行する建築施工ロボットを発表

テムザックと積水ハウスは、相互コミュニケーションによる協調作業で、効率的に天井石こうボード貼りを行う建築施工ロボット「Carry」「Shot」を共同開発した。施工データに基づき、協調しながら、最適な動作を自律的に判断できる。

[MONOist]

 テムザックは2018年5月16日、相互コミュニケーションによる協調作業で、効率的に天井石こうボード貼りを行う建築施工ロボット「Carry」「Shot」を発表した。Carryが天井石こうボードの位置決定と運搬を、Shotがビス打ちと固定を主に担う。積水ハウスと共同開発した。

photo 建築施工ロボット「Carry」「Shot」(クリックで拡大) 出典:テムザック

 2台のロボットは、あらかじめ読み込んだ施工データに基づき、作業手順や互いの位置情報などを交換し、協調しながら最適な動作を自律的に判断する。例えば、Carryが天井の施工箇所の正確な位置を認識し、それに合う石こうボードのサイズを人に伝える。Shotには施工位置やビス打ちの位置をCarryが伝え、2台のロボットと人が協調して高精度な施工を実施する。

photo 互いの情報を交換しながら協調作業 出典:テムザック

 大きなボードを持ち上げたCarryの視界が悪くなり、運搬や天井の位置合わせが困難になった場合には、Shotが代わりに位置情報を確認しながら適切な位置をCarryに指示する。双方が衝突しそうになった場合、現在の互いの作業内容や位置を確認し、どちらが回避するのが最適かをロボット同士で判断して実行する。

photo 衝突回避 出典:テムザック

 両ロボットとも分解して運搬し、現場で短時間で組み立てることができる。そのため、大型の建築現場だけでなく、個人住宅の施工場所などにも対応する。

photo 天井情報の認識・伝達 出典:テムザック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.