ニュース
» 2018年06月08日 12時00分 公開

ロボット開発ニュース:ロボットを利用したスーパーの売価チェックの実証実験

東芝テックとオーケーは、ロボットを利用したスーパーの売価チェックの実証実験を共同で実施する。実際の店舗でロボットが安定して店内を巡回できるか、また商品価格を認識して売価のチェックができるかを検証する。

[MONOist]

 東芝テックは2018年5月21日、オーケーと共同で、ロボットを利用したスーパーの売価チェックの実証実験を実施すると発表した。

 実証実験では、オーケーの実店舗で、営業終了後の午後10時から翌朝の午前5時までの間に、カメラなどのセンサーを備えた棚監視ロボットが店内を巡回する。店舗が管理する商品マスターデータと商品棚の価格を比較し、棚札に印字された商品価格が商品マスターと合致するかどうかを自動的にチェックする。

 同実証実験を通じて、実際の店舗でロボットが安定して店内を巡回できるか、また商品価格を認識して売価のチェックができるかを検証する。

 なお、同実験は、新エネルギー・産業技術総合開発機構の委託事業「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」として、2018年5月21日〜同年6月20日の間実施される。

photo 棚監視ロボットを活用した売価チェック実証実験のイメージ 出典:東芝テック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.