ニュース
» 2018年06月13日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:高解像度UXGAの0.5型有機ELマイクロディスプレイ

ソニーは、高解像度UXGAの0.5型有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」を発表した。独自の有機ELディスプレイ技術と微細化プロセス技術により、6.3μm画素ピッチの高解像度を提供する。

[MONOist]

 ソニーは2018年5月28日、高解像度UXGA(1600×1200)の0.5型有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」を発表した。現在、サンプルを出荷中で、サンプル価格は5万円(税別)。量産出荷時期は同年11月を予定する。

photo 0.5型有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」 出典:ソニー

 ECX339Aは、独自の有機ELディスプレイ技術と微細化プロセス技術により、6.3μm画素ピッチという、0.5型QVGA(1280×960)の従来品「ECX337A」の約1.6倍の高解像度化を実現した。新規設計の駆動回路を採用することで、同一のフレームレートにおいて従来品と同等の低消費電力で利用できる。さらに、独自の駆動方式を組み合わせることにより、従来比2倍の240fpsまでのフレームレートに対応する。

photo 画像比較(左:UXGA 右:QVGA)(クリックで拡大) 出典:ソニー

 マイクロディスプレイの高解像度化には、画素ピッチの縮小に伴う画質の低下や視野角特性の悪化などの課題があった。ECX339Aは、トランジスタのレイアウトやプロセスの最適化、独自のばらつき補正回路によりトランジスタの小型化で起こる特性のばらつきや耐圧の低下などを改善し、高画質を達成。また、カラーフィルターをシリコン基板上に直接形成し、発光層との距離を縮めるとともに、カラーフィルターの色の配置を工夫することで視野角特性を確保し、高解像度化が可能になった。

photo 画素ピッチの縮小に伴う視野角特性確保の施策イメージ(左:UXGA 右:QVGA)(クリックで拡大) 出典:ソニー

 有機ELマイクロディスプレイは、デジタルカメラの電子ビューファインダーなどで広く採用されており、高解像度化により画質への要求が高いハイエンドカメラへの搭載も可能となる。今後は、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)向けのヘッドマウントディスプレイ機器など、さまざまな市場での利用が期待されるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.