ニュース
» 2018年06月20日 10時00分 公開

人工知能ニュース:学習済み動作を組み合わせてロボットの制御を行う深層学習技術を開発

日立製作所は、学習済みの複数の動作を自律的に組み合わせて、ロボット全身の制御を行う深層学習技術を開発した。人の生活支援を行うロボットや、組み立て作業を行うロボットなど、幅広い応用が可能になる。

[MONOist]

 日立製作所は2018年5月31日、学習済みの複数の動作を自律的に組み合わせて、ロボット全身の制御を行う深層学習(ディープラーニング)技術を開発したと発表した。教師データとして人がロボットを操作した際の動作を学習させ、蓄積した学習済み動作の中から、必要となる動作を組み合わせることができる。

 具体的には、ロボットに搭載したカメラの入力画像の特徴量を学習/記憶し、その状況が学習済みか否かを判断して、学習済みの場合は動作を自律的に実行する技術を開発した。また、自律的に実行する動作を適切な手順で組み合わせ、複数動作が必要となる複雑な作業にも対応できる技術も開発している。

 複数動作の組み合わせ方法としては、ある動作の完了後に別の動作を実行する「直列実行」、複数の動作候補の中から経験値の高い動作のみを実行する「排他的実行」、複数動作を並列に実行する「並列実行」の3つを指定できる技術を用いている。

 今回開発した技術により、ロボットが動作習得に必要な期間を従来の数カ月から数日へと短縮でき、動作のバリエーションも大幅に増大。これにより、人の生活支援を行うロボットや、組み立て作業を行うロボットなど、幅広い応用が可能になる。

photo 今回開発したロボット制御深層学習技術(クリックで拡大) 出典:日立製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.