特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2018年06月20日 08時00分 公開

LiveWorx 2018:「フィジカルとデジタルの融合」に「人」が加わり、IoTとARは真価を発揮する (1/3)

PTCの年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」の基調講演に同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏が登壇。ヘプルマン氏は、デジタル変革に向けて必要としてきた「フィジカルとデジタルの融合」に「人」が加わることで、より大きな力を生み出せると強調した。

[朴尚洙,MONOist]

 PTCは2018年6月17〜20日(現地時間)、米国マサチューセッツ州ボストンにおいて、年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」を開催。2018年6月18日の基調講演に同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン(James E. Heppelmann)氏が登壇した。ヘプルマン氏は、アンシス(ANSYS)やマイクロソフト(Microsoft)、ロックウェル・オートメーション(Rockwell Automation)などとの協業について紹介するとともに、デジタル変革に向けて必要としてきた「フィジカル(Physical)とデジタル(Digital)の融合」に、「人(Human)」が加わることでより大きな力を生み出せると強調した。

PTCのジェームズ・E・ヘプルマン氏 PTCのジェームズ・E・ヘプルマン氏

 同氏はまず、「AからBへ進む」という行動をするときに「ただ進むだけではダメだ。その途中で何が起こるか分からないし、実はBが終わりではないかもしれない」と述べ、同社の社名をもじって「Prepare to Change(変化に準備せよ)」と訴えた。なおPTCは、ボストン郊外のニーダム(Needham)から、ボストン中心市街のシーポート地区に本社を移転する。「事業の中核は、かつてのCADとPLMから、IoT(モノのインターネット)やAR(拡張現実)に移行しつつある。これらの破壊的技術の最先端を捉え続けるためにも、中心市街に本社を構える必要がある」(同氏)という。

アンシスと提携、「Creo」上でリアルタイムシミュレーションが可能に

 これまでのLiveWorxでへプルマン氏は、フィジカルとデジタルを陰陽になぞらえて示し、それらを融合する上でIoTやAR、スマート製造、3Dプリンタなどの新技術が重要な役割を果たすとしてきた。LiveWorx 2018では、この考え方を下敷きにしつつ、フィジカルとの接点としてCADやシミュレーションを、デジタルへの道筋としてPLMやIoTを、人と関わりでは人間の五感のうち最も情報量の多い視覚とつながるARをフィーチャーした。

フィジカルとデジタル、人の融合がより大きな力を生み出す フィジカルとデジタル、人の融合がより大きな力を生み出す(クリックで拡大) 出典:PTC

 まず「フィジカル」では、3D CAD「Creo」の最新バージョン「Creo 5.0」から利用できるようになったトポロジー最適化機能について説明。トライアンフ(Triumph)の二輪車の部品を例に挙げて、同機能と3Dプリンタによる製造を組み合わせることで、より最適な設計を実現できるとした。

トポロジー最適化機能を適用トポロジー最適化機能を適用 トライアンフの二輪車部品にトポロジー最適化機能を適用(クリックで拡大) 出典:PTC

 ヘプルマン氏は、このトポロジー最適化機能からさらに踏み込む形で「CADとシミュレーションは分断されている。設計を進めて行く上で、双方のツールを行ったり来たりしなければならない。設計を進めながらリアルタイムでのシミュレーションが可能になれば、設計のみならず製造にとっても価値は大きい。その実現に向けて、PTCはアンシスと協業することにした」と語り、アンシス 社長兼CEOのアージェイ・ゴパール(Ajei Gopal)氏を呼び込んだ。

 両社の協業により、Creo上でアンシスのリアルタイムシミュレーションツール「Discovery Live」※)が利用できるようになる。機能名称は「Creo Simulation Live」で、2019年3月発表の「Creo 6.0」と合わせて市場投入される見込みだ。また、Creo 5.0や「Creo 4.0」でも、Creo 6.0にアップデートすることなくCreo Simulation Liveを利用できるようにすることも検討されている。

※)関連記事:複雑なシリンダブロックも境界条件入れて数秒で結果表示「Discovery Live」など販売開始

 講演では、PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏も参加して、Creo上でのDiscovery Liveによるリアルタイムシミュレーションのデモを披露した。

「Creo」上での「Discovery Live」によるリアルタイムシミュレーションを披露 左から、アンシスのアージェイ・ゴパール氏、PTCのブライアン・トンプソン氏、へプルマン氏。「Creo」上での「Discovery Live」によるリアルタイムシミュレーションを披露した。境界条件を設定するだけで応力の有限要素法解析の結果をほぼリアルタイムで反映する(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.