ニュース
» 2018年06月21日 08時00分 公開

LiveWorx 2018:PTCとアンシスはなぜ提携したのか「両社は最適なパートナー」

PTCは、年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」において同社製品の開発状況について説明した。同日午後に行われた、同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン氏の記者会見の内容と併せて紹介する。

[朴尚洙,MONOist]

 PTCは2018年6月18日、年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2018」(同年6月17〜20日、米国マサチューセッツ州ボストン)内で説明会を開き、同社製品の開発状況を紹介した。同日午後に行われた、同社 社長兼CEOのジェームズ・E・ヘプルマン(James E. Heppelmann)氏の記者会見の内容と併せて紹介する。

PTCの製品群とエコシステム PTCの製品群とエコシステム(クリックで拡大) 出典:PTC

リアルタイムシミュレーションは「Wordのスペルチェック機能と同じ」

 3D CAD「Creo」については、最新バージョンの「Creo 5.0」におけるジオメトリエンジンの強化とトポロジー最適化機能の導入が大きな変更になる。また3DデータとIoT(モノのインターネット)やAR(拡張現実)とのコネクティビティ設計ツールとなる「Creo Product Insight」も重要な役割を果たしているという。「2017年の1年間で、5万点のARエクスペリエンスがCreoで作成された」(PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏)という。

PTCの各製品担当役員が開発状況を説明した PTCの各製品担当役員が開発状況を説明した

 次バージョンの「Creo 6.0」は2019年3月をめどに開発が進んでいる。その目玉機能となるのが、アンシス(ANSYS)のリアルタイムシミュレーションツール「Discovery Live」※)の導入である(Creoでの機能名は「Creo Simulation Live」となる予定)。投入時期については、早ければ2018年秋というコメントも出ていたが、Creo 6.0に合わせての導入が現実的な線になりそうだ。なお、現行のCreo 5.0、前バージョンの「Creo 4.0」でもDiscovery Liveを利用できるようにする方針である。

※)関連記事:複雑なシリンダブロックも境界条件入れて数秒で結果表示「Discovery Live」など販売開始

記者会見で説明するPTCのジェームズ・E・ヘプルマン氏 記者会見で説明するPTCのジェームズ・E・ヘプルマン氏

 へプルマン氏は、数ある3D CADベンダーの中から、アンシスがなぜPTCをDiscovery Liveの導入パートナーに選んだかについて「競合ベンダーと比べて、PTCはシミュレーション関連のポートフォリオが充実しているとはいいがたい。しかし、だからこそシミュレーションのトップベンダーであるアンシスにとって、PTCは最適なパートナーになるといえるのではないか」と説明した。また、アンシスは3D CAD「SpaceClaim」を展開しており、Discovery Liveとの連携も可能だが、「やはり設計者としては、パラメータ情報を維持したままリアルタイムシミュレーションを行いたいという要望が強い。ノンパラメトリックCADのSpaceClaimではできないことだ」(同氏)という。

 また、へプルマン氏は、CreoへのDiscovery Liveの導入について大きな期待を示し「Wordのスペルチェック機能と同様に、必携の機能にしていきたい。デジタルツインを実現する上で極めて重要だ」と強調した。なお、Creoで利用できるDiscovery Liveの機能は、構造解析、熱解析、モーダル解析となっているが「熱流体解析にも対応したい」(へプルマン氏)としている。

ARブランドを「Vuforia」に統一

 最新バージョンの8.3がリリースされたばかりのIoTプラットフォーム「ThingWorx」については、他社のシステムやデバイスを組み込んでのアプリケーション開発を、コードベースではなくGUIベースで行えるようにする機能「Orchestration and Integration」を2018年秋に導入する予定だ。

 また、これまでThingWorxの一機能である「ThingWorx Studio」として展開してきたARプラットフォームは、2015年11月の買収時のブランド名「Vuforia」に再度統一することとなった。一般向けにも提供していた開発ツール「Vuforia SDK」を「Vuforia Engine」に改称するとともに、ThingWorx Studioは「Vuforia Studio」、ARを各種機器で表示するための「ThingWorx View」は「Vuforia View」となる。また、現実の物体にチョークで書き込むなどして情報共有を可能にするアプリも「Vuforia Chalk」として展開する。

 Vuforiaの開発コミュニティーは50万人、既に5万のアプリケーションがあり、これらが5億回ダウンロードされているという。へプルマン氏は、現在のPTCのARビジネス規模について「年間2000万米ドル(約22億円)程度だが、毎年倍増の勢いで成長を遂げている」と説明。また、「一般向けのVuforia Engineよりも、B2B向けのソリューションとしての売り上げの方が大きい。今後のデジタル革新においてARの役割は極めて重要であり、当社は良いポジションにあると考えている」(同氏)とした。

なぜ「産業イノベーションプラットフォーム」なのか

 なお、PTCは2017年後半から、ThingWorxの製品カテゴリーをIoTプラットフォームではなく「産業イノベーションプラットフォーム」と呼称している。へプルマン氏は「IoTだけを扱うのであれば、IoTプラットフォームでよかったが、ARや解析などもカバーするとなると、もはや何と呼んでいいかは分からない。何よりもデジタル変革こそが重要であり、それを実現可能なものということで、産業イノベーションプラットフォームと呼ぶことにした」と述べている。

(取材協力:PTCジャパン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.