ニュース
» 2018年06月25日 09時00分 公開

製造ITニュース:デジタルツインを共有、設計や製造で緊密な共同開発が可能な新ソリューション

SAPジャパンは、共同研究や共同開発に適した新ソリューション「SAP S/4HANA Cloud for intelligent product design」を日本市場向けに提供開始した。デジタルツイン情報を共有できるため、社内外の関係者との緊密な共同作業が可能になる。

[MONOist]

 SAPジャパンは2018年6月5日、共同研究や共同開発に適した新ソリューション「SAP S/4HANA Cloud for intelligent product design」を日本市場向けに提供開始した。同社のPaaS型開発プラットフォーム「SAP Cloud Platform」上に構築され、デジタルツインを活用した新たなビジネスモデルの展開を支援する。

 同ソリューションは、設計開発や製造現場における現実の物事をデジタル空間で再現するデジタルツイン情報を共有できる。これにより、製造メーカーや設備資産オペレーター、サプライヤーなど社内外の関係者との緊密な共同作業が可能になる。

 ソリューションの基盤として、SAPのフレームワーク「SAP Leonardo」を採用。同ソリューションを導入することで、新製品に対する見識や求められる要素についてリアルタイムで情報を得ながら、技術関連文書を保存したり、レビューしたりできる。

 さらに、SAP Leonardoの機械学習、ブロックチェーン、IoT(モノのインターネット)などを組み合わせる手法により、製品ライフサイクルが最適化され、情報のデジタル化やネットワークも、より高度で強固なものになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.