第29回 設計・製造ソリューション展
ニュース
» 2018年06月25日 13時00分 公開

ママさん設計者が見たDMS2018:最大24台の3Dプリンタを制御、設計から量産まで一気通貫する「Figure 4」

スリーディー・システムズ・ジャパン(以下、スリーディー・システムズ)は「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」(2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)において、量産向け統合型3Dプリントプラットフォーム「Figure4」を展示した。今回はFigure4の特徴と市場での将来性、金属粉末焼結造形の現状と「一気通貫」の製品の取り組みをアピールした。

[藤崎 淳子/Materiai工房テクノフレキス,MONOist]

 スリーディー・システムズ・ジャパン(以下、スリーディー・システムズ)は「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS2018)」(2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)において、量産向け統合型3Dプリントプラットフォーム「Figure 4」を展示した。今回はFigure 4の特徴と市場での将来性、金属粉末焼結造形の現状と「一気通貫」の製品の取り組みをアピールした。

Figure 4は量産のための3Dプリントシステム

 スリーディー・システムズでは設計から製造に至るまでの包括的な3Dソリューションを提供する。3Dプリンタだけでなく、3Dスキャニング、3D CAD/CAM、ボクセルモデリングツールといった、製造手前のプロセスからの「一気通貫」を実現することができるとしている。

触覚を伴うモデリングが可能なボクセルモデリングツール「Geomagic Freeform」の展示デモ

 同社のFigure 4は拡張性を持った装置単機をモジュラーとし、これを複数台連結することで、常時一定の品質でプラスチック部品を量産できる光造形式(SLA)3Dプリントプラットフォームである。

 最大で24台の「Figure 4モジュラー」を連結でき、造形スピードは最大で毎時65mm。高い生産能力と、ユーザーの生産スタイルと生産規模に応じたシステム構築ができる拡張性が特色だ。造形だけでなく材料の回収、洗浄、二次硬化などの後処理工程も統合した、完全自動生産化を図ることが可能だという。「Figure 4」による完全自動生産では、金型とその製作時間の影響を受けないため、部品の製造時間の大幅短縮と材料コストの削減が見込めるという。

 「Figure 4は、自動車、航空宇宙、そして医療と、あらゆる産業での活用が期待できる統合型AM(Additive Manufacturing:付加製造)プラットフォームになる」と同社 シニアバイスプレジデントのハーバート・コークス(Herbert Koeck)氏は述べた。

Figure 4の実機とシニアバイスプレジデントのハーバート・コークス氏

 DMS2018では金属粉末焼結式3Dプリンタを展示するブースが多く見られ、スリーディー・システムズもその1つだった。従来の製造方法ではできなかった内部部品との一体造形は、軽量かつ強度を保ちながら部品点数を削減できることから、自動車や航空機の燃費向上に貢献している。また、チタン材料を使って造形した人工股関節など、医療分野での適用も進んでいるということだ。

金属粉末焼結式3Dプリンタによる造形サンプル

 3Dプリンタの技術は進展の一途をたどっており、DMSで各社のブースを訪れると、従来のプロトタイプから実製品の生産へと舵を切り始めている状況にあることがうかがえた。

Profile

藤崎 淳子(ふじさき じゅんこ)

長野県上伊那郡在住の設計者。工作機械販売商社、樹脂材料・加工品商社、プレス金型メーカー、基板実装メーカーなどの勤務経験を経てモノづくりの知識を深める。紆余曲折の末、2006年にMaterial工房テクノフレキスを開業。従業員は自分だけの“ひとりファブレス”を看板に、打ち合せ、設計、加工手配、組立、納品を1人でこなす。数ある加工手段の中で、特にフライス盤とマシニングセンタ加工の世界にドラマを感じており、もっと多くの人へ切削加工の魅力を伝えたいと考えている。

・筆者ブログ「ガノタなモノづくりママの日常」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.