ニュース
» 2018年06月28日 07時00分 公開

FAニュース:シート状製品表面の微細な欠陥を検査する外観検査装置

東芝デジタルソリューションズは、フィルムや紙など、シート状製品表面の微細な欠陥を高速・高精度で検査する「ウェブ外観検査装置M9300」を発売した。検出能力と分類機能を強化している。

[MONOist]

 東芝デジタルソリューションズは2018年6月12日、フィルムや紙など、シート状製品表面の微細な欠陥を高速・高精度で検査する「ウェブ外観検査装置M9300」を発売した。高速ラインセンサーカメラと高速画像処理技術を採用し、検出能力と分類機能を強化した。価格は、最小構成で1500万円から(税別)。製造工程や検査対象、内容などに合わせたカスタマイズにも対応する。

 M9300は、シート状製品の製造ラインにラインセンサーカメラと照明を設置し、画像処理を実施することで、微細な欠陥を検査・分類する。フィルムや紙、不織布、金属などのキズやしわ、穴、異物、虫といったさまざまな欠陥を検出できる。

 従来比4倍となるデータレート640MHzの高速ラインセンサーカメラと高速画像処理技術を組み合わせ、欠陥の検出能力と分類機能を強化。また、高速ラインセンサーカメラによって流れ方向の分解能が向上し、鮮明な画像を撮影できる。画像が鮮明になったことで、従来は困難だった異物と虫の区別が可能になった。

 さらに、欠陥分類機能に新たな欠陥形状判定アルゴリズムを追加し、欠陥の自動分類能力を高めた。導入済みの「ウェブ外観検査装置M9100」シリーズは、オプションによってバージョンアップすることもできる。

photo 生産ラインへの設置イメージ(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ
photo 従来カメラ画像(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ
photo 高速カメラ画像(クリックで拡大) 出典:東芝デジタルソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.