ニュース
» 2018年06月28日 15時00分 公開

医療機器ニュース:スマートフォンやタブレットで医用画像を手軽に閲覧、東大がアプリを開発

東京大学は、スマートフォンやタブレットコンピュータでCT、MRI、レントゲンX線検査などの医用画像を閲覧できるアプリケーションを開発し、Kompathから無料でリリースしたと発表した。

[MONOist]

 東京大学は2018年6月12日、スマートフォンやタブレットコンピュータでCT、MRI、レントゲンX線検査などの医用画像を閲覧できるアプリケーションを開発し、Kompathから無料でリリースしたと発表した。リリース時点では、iPhoneとiPadにのみ対応。同大学医学部附属病院脳神経外科 助教の金太一氏の研究グループが開発した。

 医用画像の種類は多様で、特殊なフォーマットで作成されているため、簡単に見ることはできない。そのため、一般の人にとって医用画像はなじみが薄く、医師や医療従事者、医学生、研究者であっても、高度な知識と難解な操作を要するソフトウェアを使用しなければならなかった。

 今回開発されたアプリは、スマートフォンとタブレットコンピュータ上で動作するため、誰もがどこでも簡単な操作で、医用画像データを見られる。直感的で正確な操作ができるユーザーインタフェースを実装した他、データの取り込みはiTunes経由でできる。

 医用画像の世界的標準規格Digital Imaging and Communications in Medicine(DICOM)フォーマットに対応し、レントゲンX線検査、CT、MRI、核医学検査、脳血管撮影検査など、ほぼ全ての医用画像の高速表示が可能だ。

 また、画像の拡大や平行移動、輝度値の調整、3方向の断面画像の再構成など、医師にとって必要十分な機能を実装した。撮像時期の異なるデータや、CTとMRIなど異なる種類の医用画像の同時表示もできる。それらのスライス移動がシンクロする機能も搭載。さらに、医用画像の種類、検査日、撮像条件、患者名といった、画像に付加している情報の表示・非表示を選択することも可能だ。

 同アプリによって、医用画像情報が社会に行きわたり、一般の人の医学的知識の啓発や、医療従事者間あるいは医療従事者と患者との間の医用情報の正確な共有、医用研究開発の促進が期待される。また、遠隔医療、災害地や医療過疎地での医療の質の向上も期待されるという。

photo データの取り込み方法。iTunes経由でフォルダをドラッグ&ドロップする(クリックで拡大) 出典:東京大学
photo 患者選択画面。取り込んだ医用画像データは、種類や検査ごとにアプリが自動で仕分けする(クリックで拡大) 出典:東京大学
photo 医用画像の閲覧画面(クリックで拡大) 出典:東京大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.