ニュース
» 2018年06月28日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:3Dスキャナーで靴の内寸を計測してデータ化、バーチャル試着可能に

フリックフィットは、靴の内寸を3Dデータ化できるスキャナー「シューデジタイザ」を開発した。実物の靴の試着による靴選びから、大量の靴をバーチャル試着し、その中から選ぶ新たな購買体験を提供する。

[MONOist]

 フリックフィットは2018年6月5日、靴の内寸を3Dデータ化できるスキャナー「シューデジタイザ」を開発したと発表した。靴の内側の大きさを約3分30秒で3D計測できるハードウェアで、1足ずつ試着していた従来の靴選びから、大量の靴をバーチャル試着し、その中から合う靴から選ぶという新しい購買体験を提供する。

 使用方法は、まず販売店でシューデジタイザを使って靴の内寸を3Dデータ化し、フリックフィットのクラウド上に登録する。足のサイズを3Dデータ化して計測できる「フットデジタイザ」で顧客が足をスキャンすると、AI(人工知能)がクラウド上でフィッティングを行う。そして、顧客のスマートフォンにサイズの合った靴を提案・表示する仕組みだ。このシステムにより、来店後の購入率向上が期待できる。

 また、オンライン上で簡単にバーチャル試着ができるため、あらかじめ試着したい靴を選び、店頭で試着を予約したり、オンライン上で決済もできる。今後は同システムを用いて、実店舗およびオンラインでの購買の活性化を計り、海外展開も進めるとしている。

photo 靴の内寸を3Dデータ化するスキャナー「シューデジタイザ」(クリックで拡大) 出典:フリックフィット
photo 足のサイズを計測する「フットデジタイザ」 出典:フリックフィット
photo AIによるバーチャルフィッティングサービス(クリックで拡大) 出典:フリックフィット
photo オンライン上のバーチャル試着イメージ(クリックで拡大) 出典:フリックフィット

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.