ニュース
» 2018年07月03日 07時00分 公開

FAニュース:刃物のような物体でもつかめる柔軟なロボットハンド開発

東北大学は、とがった物体や柔らかな物体、複雑な形状をした物体などをつかめるロボットハンドを開発した。従来品と比べて、つかめる対象物の範囲が飛躍的に拡大するため、災害復旧現場や工場での作業の効率化が期待できる。

[MONOist]

 東北大学は2018年6月14日、とがった物体や柔らかな物体、複雑な形状をした物体などをつかめるロボットハンドを開発したと発表した。

 従来の袋型ロボットハンドは、とがった対象物をつかむ際に破れてしまう点が課題だった。今回の研究では、これまでのゴム膜に替えて、袋表面の材料に伸縮性のある防刃生地を用いた。

 その防刃生地を、先端が半球形状となる袋状にし、表面に滑り止め用のシリコンゴムを塗布して耐切創性に優れたロボットハンドを開発した。鋭くとがった物に接触したり、刃物で切りつけたりしても、袋とハンド本体を傷つけることなく作業できる。

 開発したロボットハンドは、破損したバルブの開閉やガラスの破片、鉄筋が露出した鉄筋コンクリートなど、つかめる対象物の範囲が飛躍的に拡大するため、災害復旧現場や工場での作業の効率化が期待できる。

 今後は、繰り返し使用を考慮して耐久性をさらに向上させるなど、同ロボットハンドの実用化を目指した研究を進め、3年以内に実際のがれきに近い環境下で実用性を確認する。さらに、廃品回収用の産業ロボットメーカーなどと協力して事業化を進める予定だ。

photo ニッパーの刃部からの把持 出典:東北大学
photo ロボットハンドの構造 出典:東北大学
photo 耐切創性を持つ布袋をかぶせたロボットハンド(クリックで拡大) 出典:東北大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.